本文へスキップ

工藤教授プロフィール
タイトル背景

名前

工藤 司 クドウ ツカサ

所属

静岡理工科大学 総合情報学部 人間情報デザイン学科
静岡理工科大学大学院 理工学研究科(兼担)

学歴

1978年3月 北海道大学 理学部 数学科卒業
1980年3月 北海道大学大学院 工学研究科 修士課程 情報工学専攻修了

学位

博士(工学) 静岡大学

職歴

1980年4月 三菱電機株式会社 入社
2005年3月 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
2010年4月 現職

資格

技術士(情報工学部門)
情報処理システム監査技術者
情報セキュリティアドミニストレータ
特殊情報処理技術者
第一種情報処理技術者

所属学協会

情報処理学会
電子情報通信学会
プロジェクトマネジメント学会
Informatics Society
日本技術士会(情報工学部会,IT21の会

研究成果

論文

  1. Kudo, T., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: A Lump-sum Update Method as Transaction in MongoDB,International Journal of Informatics Society,Vol. 8, No. 1,pp. 35-44 (June 2016).
  2. Kudo, T., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: Implementation and Evaluations of Recovery Method for Batch Update,International Journal of Informatics Society,Vol. 7, No. 1,pp. 3-11 (June 2015).
  3. Kudo, T., Takeda, Y., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: Application of a Lump-sum Update Method to Distributed Database, International Journal of Informatics Society,Vol. 6, No. 1,pp. 11-18 (June 2014).
  4. Kudo, T., Takeda, Y., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: Evaluation of Lump-sum Update Methods for Nonstop Service System, International Journal of Informatics Society,Vol. 5, No. 1,pp. 21-28 (Apr. 2013).
  5. 工藤司,武田由衣,石野正彦,五月女健治,片岡信弘:入力中のデータベースに対する訂正機能を持つ一括検索方式,静岡理工科大学紀要,Vol. 20,pp. 55-63(June 2012).
  6. 山庄司志朗,丹羽昌平,袴田吉朗,常吉俊宏,工藤司,國持良行,青島偉夫,大石和典:平成22年度インターンシップ実施報告 -一貫したキャリア教育を目指して-,静岡理工科大学紀要,Vol. 20,pp. 119-131(June 2012).
  7. 関山秀雄,丹羽昌平,野崎孝志,土肥稔,恩田一,工藤 司,吉田豊,山下博通,古屋渚:「やらまいか教育」の平成23年度実施報告,静岡理工科大学紀要,Vol. 20,pp. 133-141(June 2012).
  8. 関山秀雄,丹羽昌平,野崎孝志,土肥稔,恩田一,中村塁,工藤 司,吉田豊,山下博通,望月知徳,古屋渚:「やらまいか教育」の平成22年度実施報告,静岡理工科大学紀要,Vol. 19,pp. 107-115(June 2011).
  9. Kudo, T., Takeda, Y., Ishino, M., Saotome, K., Mutou, K. and Kataoka, N.: A Correction Reflected Query Method of Database during Online Entry, International Journal of Informatics Society,Vol. 3, No. 1,pp. 3-11 (Apr. 2011).
  10. Saotome, K., Kondo, S., Oonuma, A., Komiya, T., lshino, M., Kudo, T., Sakai, S. and Mizuno, T.: Modeling Language for LDAP and Automatic Production System, International Journal of Informatics Society,Vol. 1, No. 2,pp. 27-35 (Aug. 2009).
  11. Ishino, M., Kudo, T., Saotome, K., Yamaki, N., Ichikawa, T. and Mizuno, T.: Research about Method of Presuming Incident in Information Security, International Journal of Informatics Society,Vol. 1, No. 1,pp. 35-43 (Jan. 2009).
  12. Kudo, T., Ishino, M., Saotome, K., Kataoka, N and Mizuno, T.: Implementation of Integrity Maintenance Method of Query Result by Bitemporal Database, International Journal of Informatics Society,Vol. 1, No. 1,pp. 16-26 (Jan. 2009).
  13. 工藤司:時制データベースによるオンライン入力中のバッチ処理方式の研究,静岡大学博士論文(Sep. 2008),http://hdl.handle.net/10297/6342
  14. 工藤司,片岡信弘,水野忠則:データ更新中の検索結果一貫性維持実現事例,情処学論データベース,Vol. 48, No. SIG11 (TOD34),pp. 215-223 (June 2007).
  15. 山ノ井髙弘,工藤司,成田正博,河口至商:Riemann幾何学モデルによるある錯視について,北海道大学工学部研究報告,No. 100,pp. 108-112(1980).
  16. 河口至商,山ノ井高弘,工藤司,新保勝:Minkowski空間を情報数理モデルとするある錯視現象,北海道大学工学部研究報告,No. 97,pp. 83-88(1980).

国際会議

  1. Kudo, T.: A proposal of wearable terminal utilization in production management, Proceedings of 2016 JSU-SIST International Mechanical Engineering and Informatiomn Symposium, pp. 12-13 (Sep. 2016).
  2. Kudo, T., Y., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: A proposal of transaction processing method for MongoDB, Procedia Computer Science, Vol. 96, 2016, pp. 801-810, 20th International Conference on Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems (Sep. 2016).
  3. Kudo, T.: IoT as Communication Tool in University Laboratory, Proceedings of Symposium on Advanced Information Systems (SAIS2016) (Sep. 2016).
  4. Kudo, T., Ito, Y. and Serizawa, Y.: Application of MongoDB with Transaction Feature in Production Management System, Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2016), pp. 211-218 (Aug. 2016).
  5. Kudo, T., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: A Proposal of Lump-sum Update Method as Transaction in MongoDB, Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2015), pp. 147-154 (Sep. 2015).
  6. Kudo, T.: A Design Method for NoSQL Databases, Proceedings of Symposium on Advanced Information Systems (SAIS2015) (Sep. 2015).
  7. Kudo, T., Takeda, Y., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: An implementation of concurrency control between batch update and online entries, Procedia Computer Science, Vol. 35, 2014, pp. 1625-1634, Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems 18th Annual Conference, KES-2014 Gdynia, Poland, September 2014 Proceedings (Sep. 2014).
  8. Kudo, T., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: Implementation and Evaluations of Recovery Method for Batch Update, Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2014), pp. 35-42 (Sep. 2014).
  9. Kudo, T., Takeda, Y., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: A Mass Data Update Method in Distributed Systems, 17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems - KES2013, Procedia Computer Science Vol. 22, pp. 502-511 (Sep. 2013).
  10. Kudo, T.: A Study of Long Time Transaction, Proceedings of Symposium on Advanced Information Systems (SAIS2013) (Sep. 2013).
  11. Kudo, T., Takeda, Y., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: Application of a Lump-sum Update Method to Distributed Database, Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2013), pp. 49-56 (Sep. 2013).
  12. Kudo, T., Takeda, Y., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: A batch Update Method of Database for Mass Data during Online Entry, Proceedings of 16th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems ? KES 2012, ADVANCES IN KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS, IOS Press, pp. 1807-1816 (Sep. 2012).
  13. Kudo, T., Takeda, Y., Ishino, M., Saotome, K. and Kataoka, N.: Evaluation of Lump-sum Update Methods for Nonstop Service System, Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2012), pp. 10-17 (Sep. 2012).
  14. Kudo, T.: Batch Update Method of Database for Mass Data with Transaction Feature, Proceedings of 2012 International Forum on Advanced Research in Applied Science, pp. 20 (Mar. 2012).
  15. Kudo, T., Takeda, Y., Ishino, M., Saotome, K., Mutou, K. and Kataoka, N.: A Correction Reflected Query Method of Database during Online Entry, Proceedings of International Workshop on Informatics (IWIN2010), pp. 2-9 (Sep. 2010).
  16. Kataoka, N. and Kudou, T.: A proposal for a low-cost model of software process evaluation, Proc. International Workshop on Infomatics (IWIN2009), pp. 129-136 (Sep. 2009).
  17. Kudou, T. and Tsukuda, Y.: Serious Failure Prevention Method of Information Systems by Analyzing Incidents, The 4th International Conference on Project Management (ProMAC2008), (Sep. 2008).
  18. Ishino, M., Yamaki, N. Kudo, T. and Saotome, K.: Research about Method of Presuming Incident in Information Security, Proc. International Workshop on Infomatics (IWIN2008), pp. 155-162 (Sep. 2008).
  19. Saotome, K., Kondo, S., Oonuma, A., Komiya, T., lshino, M., Kudo, T., Sakai, S. and Mizuno, T.: Modeling Language for LDAP and Automatic Production System, Proc. International Workshop on Infomatics (IWIN2008), pp. 90-97 (Sep. 2008).
  20. Kudou, T., Kataoka, N. and Mizuno, T.: Implementation of Integrity Maintenance Method of Query Result by Bitemporal Database, Proc. International Workshop on Infomatics (IWIN2007), pp. 2-10 (Sep. 2007).
  21. Kudou, T., Kataoka, N. and Mizuno, T.: Integrity Maintenance System of Database Query Under Updating, Proceedings of Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems: 11th International Conference - KES 2007, Lecture Notes in Artificial Intelligence 4694, Springer-Verlag, pp. 491-498 (Sep. 2007).
  22. Kudoh, T., Hirayama, M. and Mikami, K.: Evaluation of Pipelined Common Processor in Distributed Processing System, IFAC Real Time Programming 1982,pp. 121-127 (1982).

口頭発表・講演・総説

  1. 工藤司:ウェアラブル端末を活用したデータ入力方式-生産管理システムにおける提案-,高度情報シンポジウム2016 (Aug. 2016).
  2. 工藤司,石野正彦,五月女健治,片岡信弘:MongoDBにおけるトランザクション処理の実装,電子情報通信学会 信学技報,Vol. 116, No. 57, SWIM2016-5, pp. 21-26 (May 2016).
  3. 工藤司:インターネットビジネスの歴史と動向,第23回浜松市民アカデミー (Aug. 2015).
  4. 工藤司,石野正彦,五月女健治,片岡信弘:MongoDBにおけるトランザクションとしての一括更新方式,電子情報通信学会 信学技報,Vol. 115, No. 183, SWIM2015-8, pp. 7-12 (Aug. 2015).
  5. 工藤司:スマートマシンが拓く新たなソリューション,三菱電機技法,Vol. 89, No. 8, p. 1(Aug. 2015).
  6. 工藤司:MongoDBの応用事例 -議事録・残件リストへの応用-,高度情報シンポジウム2015 (Aug. 2015).
  7. 岩田力,工藤司:人間の経験知を反映した輸送運賃計算システムの構築と評価,情報処理学会第77 回全国大会,pp. 4-811 - 4-812(Mar. 2015).
  8. 新井一也,工藤司:ビッグデータを活用した所要量計算システムの提案,情報処理学会第77 回全国大会,pp. 4-809 - 4-810(Mar. 2015).
  9. 石野正彦,長田洋,工藤司,五月女健治,片岡信弘:ビジネスモデル分析方法の事例研究,電子情報通信学会 信学技報,Vol. 114, No. 468, SWIM2014-28, pp. 9-12 (Feb. 2015).
  10. 五月女健治,片岡信弘,工藤司,石野正彦:クラウド時代のWebアプリケーション設計方法の提案,電子情報通信学会 信学技報,Vol. 114, No. 188, SWIM2014-10, pp. 13-16 (Aug. 2014).
  11. 工藤司:データベースにおける実世界データ活用に関する一考察,高度情報シンポジウム2014 (Aug. 2014).
  12. 工藤司,武田由衣,石野正彦,五月女健治,片岡信弘:バッチ更新とオンライン入力の同時実行制御方式 ? 実装と評価 ?,電子情報通信学会 信学技報,Vol. 114, No. 49, SWIM2014-6, pp. 31-36 (May 2014).
  13. 工藤司:情報システムにおける運用環境改善の研究,静岡理工科大学 産学官連携フォーラム(Nov. 2013).
  14. 石野正彦,工藤司,五月女健治,片岡信弘:ビジネスシステムにおける要件定義方法についての考察,FIT2013(第12回情報科学技術フォーラム),pp. 621-622(Sep. 2013).
  15. 原田健吾,武田由衣,工藤司:履歴に基づく当選確率を採用した即時抽選システムの提案,情報処理学会第75 回全国大会,pp. 1-557 - 1-558(Mar. 2013).
  16. 吉永豊,武田由衣,工藤司:ノンストップサービス・システムにおける移行方式の提案,情報処理学会第75 回全国大会,pp. 1-559 - 1-560(Mar. 2013).
  17. 石野正彦,工藤司,五月女健治,片岡信弘:大学におけるICT教育での学習方法の改善について,情報処理学会第75 回全国大会,pp. 4-375 - 4-376(Mar. 2013).
  18. 石野正彦,工藤司,五月女健治,片岡信弘:ユビキタスコンピューティングの実習教育の研究,経営情報学会2012年秋季全国研究発表大会,F4-1(Nov. 2012).
  19. 石野正彦,工藤司,五月女健治,片岡信弘:情報システム開発における要件定義の実務的研究,FIT2012(第11回情報科学技術フォーラム),pp. 425-426(Sep. 2012)
  20. 石野正彦,工藤司,五月女健治,片岡信弘:システム開発における要件定義の効率化について,電子情報通信学会 信学技報,Vol. 112,No. 179,pp. 9-13(Aug. 2012).
  21. 石野正彦,工藤司,五月女健治:インタラクティブな学習方法による情報システム構築の大学教育について,情報処理学会第74 回全国大会,pp. 4-427 - 4-428(Mar. 2012).
  22. 工藤司:プロダクトイノベーションにおけるプロジェクトマネジメント,プロジェクトマネジメント学会 トワイライトサロン(Dec. 2011). (招待講演)
  23. 工藤司,武田由衣,石野正彦,五月女健治,片岡信弘:トランザクション機能を備えた大量データ一括更新方式の提案,電子情報通信学会 信学技報,Vol. 111,No. 308,pp. 31-36(Nov. 2011). (査読有)
  24. 石野正彦,上田翔太,工藤司,五月女健治:インタラクティブな学習方式による情報システム構築の大学教育についての改善,経営情報学会2011 年秋季全国研究発表大会,H1-3 (Oct. 2011).
  25. 石野正彦,上田翔太,工藤司,五月女健治:大学における情報システム構築に関する教育方法についての改善,FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム),pp. 471-472(Sep. 2011).
  26. 石野正彦,上田翔太,工藤司:インタラクティブな学習方式による情報システム構築の大学教育についての提案,電子情報通信学会 信学技報,Vol. 111,No.189,pp. 7-12(Aug. 2011).
  27. 石野正彦,工藤司,五月女健治,片岡信弘:大学教育における情報システム構築の要求定義演習についての提案,電子情報通信学会 信学技報,Vol. 110,No.427,pp. 17-22(2011).
  28. 石野正彦,五月女健治,工藤司:ユビキタスシステムにおける推奨方式の応用研究,FIT2010(第9回情報科学技術フォーラム),pp. 563-564(2010).
  29. 石野正彦,五月女健治,工藤司:ユビキタスシステムにおけるリコメンデーション技術の応用研究,情報処理学会創立50周年(第72回)全国大会,pp. l-249 - l-250(2010).
  30. 工藤司:e-ビジネスの歴史と動向,日本技術士会 情報工学部会(2010). (招待講演)
  31. 工藤司,石野正彦,五月女健治,片岡信弘:入力中のデータベースに対する訂正機能を持つ検索方式,電子情報通信学会 信学技報,Vol.109, No.298, pp. 39-44 (2009). (査読有)
  32. 工藤司,田村良二,岩切博,磯西徹明,石見直之:継続的プロセス改善における組織的施策の定着活動,プロジェクトマネジメント学会2009 年度秋季研究発表大会予稿集,pp. 306-311 (2009).
  33. 石野正彦,五月女健治,工藤司:リコメンデーションシステムについてのモデリング手法と応用研究,電子情報通信学会 信学技報,Vol. 109, No. 192, SWIM2009-11,pp. 37-41 (2009).
  34. 工藤司,佃良隆:ヒヤリハット障害情報を活用した情報システムの重大障害予防活動,プロジェクトマネジメント学会2009 年度春季研究発表大会予稿集,pp. 252-257 (2009).
  35. 石野正彦,八巻直一,工藤司,五月女健治:データマイニングによる情報セキュリティ・インシデントの推定方法に関する研究,経営情報学会2008 年秋季全国研究発表大会,pp. 65-68 (2008).
  36. 工藤司,片岡信弘,水野忠則:トランザクション時間データベースを活用したスケジュール短縮手法の提案,プロジェクトマネジメント学会2007 年度秋季研究発表大会予稿集,pp. 156-161 (2007).
  37. 工藤司,片岡信弘:訂正情報を付加した時制データベースの提案,信学技報,Vol. 104,No. 665,pp. 19-24 (2005). (査読有)
  38. 工藤司,片岡信弘:訂正情報を持つ履歴データベースの提案,情処研報,Vol. 2004,No. 116,pp. 17-24 (2004).
  39. 立花康夫,工藤司:ハニング窓の拡張と高速フィルタ・バンクへの応用,信学技報,Vol. 89,No. 10,pp. 29-36 (1989).
  40. 立花康夫,工藤司:FIR型ピーキング・フィルタの高速処理,信学技報,CAS87-168,pp. 13-18(1987).
  41. 工藤司:セルラ・アレイ・プロセッサ用並列処理記述言語の提案,情報処理学会第29 回(昭和59年後期)全国大会,pp. 103-104 (1984).
  42. 工藤司:セルラ・アレイ・プロセッサCAPにおける大規模行列演算アルゴリズム,情報処理学会第30 回(昭和60年前期)全国大会,pp. 469-470 (1984).
  43. 工藤司,藤田博:Tex出力システムの開発,情報処理学会第28 回(昭和59 年前期)全国大会,pp. 243-244 (1984).
  44. 瀬尾和男,工藤司,平山正治:ISPS記述によるPLAジェネレータの開発,情報処理学会第28 回(昭和59 年前期)全国大会,pp. 1419-1420 (1984).
  45. 工藤司:2重インデックス向メモリ・アーキテクチャ,情報処理学会第27 回(昭和58 年後期)全国大会,pp. 205-206 (1983).
  46. 平山正治,工藤司,房岡璋:ハードウェアによるコンパイラの実現:設計とシミュレーション評価,情報処理学会計算機アーキテクチャ研究会報告,Vol. 1981,No. 17,pp. 1-10 (1981).
  47. 工藤司,平山正治:並列処理計算機におけるパイプライン化した共有装置の性能評価,電子通信学会総合全国大会,pp. 227-228 (1981).
  48. 川口至商,山ノ井高洋,工藤司,新保勝:錯視現象のMinkowski 幾何学的解釈,昭和54 年度電子通信学会情報・システム部門全国大会,pp. 173 (1979).

著書

  1. 片岡信弘・宇田川佳久・工藤司・五月女健治:データベース応用―データモデリングから実装まで―,共立出版(Aug. 2016).
  2. 白鳥 則郎監修・三石 大・吉廣 卓哉編著・富樫 敦・岡崎 功・村田 嘉利・宇田川 佳久・工藤 司・松澤 茂・國島 丈生・青木 輝勝・寺西 裕一:データベース―ビッグデータ時代の基礎―,共立出版(Sep. 2014).
  3. 五月女健治,工藤司,片岡信弘,石野正彦:ソフトウェアシステム工学入門,共立出版(Apr. 2014).
  4. 片岡信弘,工藤司,石野正彦,五月女健治:インターネットビジネス概論,共立出版(Oct. 2011).

特許(成立済)

  1. 工藤司:データベースシステム,特許 第4396988号 (2009).
  2. 工藤司:データ管理システム,特許 第3824468号 (2006).
  3. 工藤司,児島直人,秋間孝道:プログラム起動方式,特許 第3386300号 (2003).
  4. 工藤司:時情報変換方式,特許 第3092425号 (2000).
  5. 工藤司:メモリアクセス制御装置,特許 第1467122号 (1988).
  6. 工藤司:メモリ装置,特許 第1454359号 (1988).

受賞

  1. International Workshop on Informatics 2012( IWIN 2012) Senior Researcher Award (2012).
  2. International Workshop on Informatics 2007(IWIN 2007) Best Paper Award (2007).

競争的資金の獲得実績

  1. 基盤研究(C),トランザクションによるNoSQLデータベース更新方式の研究,代表 (2015-2017).
  2. 基盤研究(C),オンライン処理中のデータベース一括更新方式の研究,代表 (2012-2014).



大学ロゴ