グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 大学概要  > 学長あいさつ

学長あいさつ

学長 野口 博

東京大学大学院工学研究科修了
工学博士
千葉大学名誉教授

「静岡理工科大学がめざすもの」

 静岡理工科大学の建学の精神と理念は、「豊かな人間性を基に、『やらまいか精神と創造性』で、地域社会に貢献する技術者を養成する。」です。この使命のために、本学が実践しているのは、「モノから入る」教育です。未来のためにやってみようという気持ちで、「モノ」に触れて、自ら体験してみてください。そこから気づき、考え、発見した経験が一人ひとりを成長させ、やがてきらりと輝く個性を創り出していくはずです。

 本学の立地は、様々な地域にアクセスしやすい交通の要所であり、一年を通じて太陽光の恵みを受けることができる静岡県の唯一の工学系私立大学です。この地域独特の「やらまいか」の言葉で表現される「一緒にやってみよう」というチャレンジ精神に支えられ、日本を代表する産業を生み出してきました。この環境と気質の下で、とにかく挑戦してみる、そして失敗しても決してあきらめずに、ぎりぎりまで踏ん張ってみるという思いが実っていくのです。

 技術や研究は、市場に出すことで社会に役立ちます。実際に使ってもらえる製品を創り出すには、人々や社会が求めているものが何かを理解し、企画し、実践する「ことづくり」の能力が必要です。豊かな発想力、企画力、協調性やリーダーシップを備えてこそ、技術者は革新的な技術を通して社会に貢献できるのです。

 本学では、個々の学生の適性・能力に応じて、このように社会に出てグローバルに活躍していくのに必要な汎用的な能力を養える木目細かな教育を行い、社会に貢献できる技術者に育て上げることを目標としています。また、学生には自分の進む道を常に考えながら学んでいくキャリアデザイン教育も行い、「技術経営」の修士号も取得できるなど、大学院教育の充実も図っています。

 本学では、地域産業との繋がりが深く、地域産業分野を専門とする研究者・教員による「親身な教育・研究指導」を心がけ、産学官の研究連携も強化しています。また、地域に密着した大学であるためには、地域の住民の方々、近隣の自治体、企業などの皆様方からのご理解とご支援を賜ることが大切と考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 なお、今後、より高きを目指し、挑み甲斐のある大学を目指していく所存です。