靜甲株式会社と包括連携協定を締結しました

3月29日(木)、靜甲株式会社(静岡市清水区)と本学が、基盤技術・応用技術・新技術の改良・開発並びに人材の育成について包括的な連携を目的として、包括連携に関する協定締結の調印式を静岡市内で執り行いました。

 

鈴木武夫靜甲株式会社代表取締役と野口博静岡理工科大学学長が協定書に署名し、「教育・研究・地域貢献」に関する多様な事業・活動を連携して展開、推進していくこととなりました。

<協定書への署名の後、堅い握手を交わす鈴木代表取締役(左)と野口学長(右)>

 

鈴木代表取締役と野口学長から、「共に連携し共同研究活動等を行うことで、静岡理工科大学の学生も技術課題の解決や新技術の開発に触れることができる。共同研究活動で創出された研究成果や研究活動における学生の成長が、地域の発展に繋がると考えている。」と、今後の連携への期待が述べられました。

<靜甲株式会社および静岡理工科大学 関係者>

また、本調印式には、靜甲株式会社と本学の関係者の他、静岡市及び静岡商工会議所の方にも立会人としてお越しいただき、池田文信静岡市経済局次長と大場知明静岡商工会議所専務理事からご挨拶をいただきました。

<池田静岡市経済局次長>           <大場静岡商工会議所専務理事>

本日を節目の日とし、地域の発展等に繋がる活動を、靜甲株式会社と共に実施していきます。