日本技術士会中部本部の2017年度研究業績発表会で優秀論文・発表賞を受賞しました。

2018年2月17日に中部大学名古屋キャンパスで開催された日本技術士会中部本部の2017年度研究業績発表会で、機械工学科4年生の望月聡君が発表した論文『圧損型粘度計による日用品流体の粘度測定』が「優秀論文・発表 賞」を受賞しました。

論文名:圧損型粘度計による日用品流体の粘度測定
著者 :望月 聡、小椋 勝仁、山田 重良、桜木 俊一