・Research

  Cognitive Linguistics, Construction Grammar, Corpus Linguistics

      Corpus-based approaches to causation types in English
      Verb semantics, Aspect in English and Japanese

・Recent activities

K. Tomotsugu
"A corpus-based approach to causative-passive ambiguities in the get+NP+past participle"
13th International Cognitive Linguistics Conference 2015 (ICLC-13), Northumbria University, Newcastle

『現代英語学へのアプローチ』 山内信幸,北林利治編著 英宝社 2014年1月
第2章「英語の誕生」執筆担当

表現学会編 『言語表現学の基礎と応用』 言語表現学叢書第一巻 清文堂 2013年6月 pp.318-326に 友次克子 「主観性から見た物語文の時制転換」『表現研究』81号(2005: 52-60)が再録されました

K. Tomotsugu
"Asymmetric causation types in the competing complements of negative causative verbs: NP (from) V-ing"
12th International Cognitive Linguistics Conference 2013 (ICLC-12), University of Alberta

・Education

  • 研究テーマ
  • 自然言語の理論的または記述的研究
  • 英語、日本語、韓国語、手話言語など
  • コーパス言語学
  • コーパス(電子化された言語資料)を使った言語分析
  • コーパス作成
  • 言語使用の実態調査
  • 敬語、若者語、新しい造語など
  • 教材作成
  • CALL(Computer Assisted Language Learning)教材の作成
・Virtoolsを使用した卒業作品より
image

アリとキリギリス
image

金の斧 銀の斧
image
うさぎとかめ
image
リゾート島を探索
しながら英単語学習