グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 入試情報  > 学部入試  > 一般前期(A)センタープラス入試

一般前期(A)センタープラス入試

詳細は2018年度入学試験要項にてご確認ください。
※併願可

1.募集学部学科
  [理工学部] 機械工学科 電気電子工学科 物質生命科学科 建築学科
  [情報学部] 学部一括募集(コンピュータシステム学科 情報デザイン学科)
          
2.出願資格
  ・本学一般前期(A)入試の志願者であり、かつ2018年1月の「大学入試センター試験」において、
   各学部学科で指定する教科を受験していること
  ・次のいずれかの条件を充たすこと  
   ①高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を卒業した者及び2018年3月に卒業見込みの者
   ②通常の課程による12年の課程を修了した者及び2018年3月に卒業見込みの者
   ③高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定含む)に合格した者及び2018年3月末までに合格見込みの者
   ④外国において学校教育における12年の課程を修了した者またはそれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者
    (2018年3月末までにこれに該当する見込み者を含む)
   ⑤文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
    及び2018年3月末までに修了見込みの者
   ⑥文部科学大臣の指定した者
   ⑦相当の年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学が認めた者

3.出願期間
  郵送  2018年1月5日(金)~1月17日(水)※消印有効
  ネット 2018年1月5日(金)~1月18日(木)※正午締切

4.試験日と試験会場
  1月27日(土) 沼津会場・静岡会場・名古屋会場・本学会場
  1月28日(日) 沼津会場・静岡会場・名古屋会場・本学会場

5.試験科目


■一般入試3教科 プラス センター試験1教科利用
学部学科一般入試選択教科
(一般前期(A)入試と同じ科目)
科目時間配点
理工学部機械工学科
電気電子工学科
物質生命科学科
建築学科
数学数学Ⅰ・数学A(場合の数と確率)・数学Ⅱ・数学B(数列・ベクトル)9:30~10:50
80分
150点
理科【物理基礎・物理】、【化学基礎・化学】、【生物基礎・生物】から1つ出願時に選択11:30~12:30
60分
100点
外国語英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ)13:30~14:30
60分
100点
センター試験から
プラスする選択教科
一般中期(A)出願時に以下のセンター試験1教科を選択し、
その得点(100点換算)を一般入試の結果にプラスして判定。
数学数Ⅰ・数Ⅱ・〔数Ⅰ・数A〕・〔数Ⅱ・数B〕から1つ100点
理科物理・化学・生物から1つ

■一般入試3教科 プラス センター試験1教科利用
学部一般入試選択教科
下記の4教科から3教科選択(一般前期(A)入試と同じ科目) 
科目時間配点
情報学部数学数学Ⅰ・数学A(場合の数と確率)・数学Ⅱ・数学B(数列・ベクトル)9:30~10:50
80分
100点
理科【物理基礎・物理】、【化学基礎・化学】、【生物基礎・生物】から1つ出願時に選択11:30~12:30
60分
100点
外国語英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ)13:30~14:30
60分
100点
国語国語総合(古文・漢文を除く)・現代文B15:00~16:00
60分
100点
センター試験から
プラスする選択教科
一般中期(A)出願時に以下のセンター試験1教科を選択し、
その得点(100点満点換算)を一般入試の結果にプラスして判定。
数学数Ⅰ・数Ⅱ・〔数Ⅰ・数A〕・〔数Ⅱ・数B〕から1つ100点
理科物理・化学・生物から1つ
外国語英語(リスニング含む)・独語・仏語・中国語・韓国語から1つ
国語国語(近代以降の文章)
地理歴史・公民世界史A・世界史B・日本史A・日本史B・地理A・地理B・
現代社会・倫理・〔政治・経済〕・〔倫理、政治・経済〕から1つ

6.選考方法
  学力検査により選考します。
  選考は、試験日別に行うのではなく、学科ごとに2日間の総受験者の成績で判定します。
  同一学科を複数回受験した場合は、得点が高い方を合否判定の対象とします。
  なお、試験日によって平均点が極端に異なった場合は、得点調整を行う場合もあります。

  ※追加合格について
  合格者の入学手続状況によっては、追加合格を実施することがあります。

7.合否通知
  2月7日(水)
  ※・一般入試 成績優秀者として成績上位の者を授業料100万円給費奨学生
   (最大4年間400万円給費*更新条件有)として採用
    採用枠は、一般前期(A)、一般前期(A)センタープラス、前期センター試験利用(S)、
    前期センター試験利用(A)の各選考合わせて最大30名