グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 大学院  > 材料科学専攻

材料科学専攻

科学・技術の進歩は、新素材の開発と素材の精密な評価ならびに各種装置への素材の利用による性能向上に支えられています。本専攻は、磁性体、誘電体、超電導および超流動体・半導体・セラミックス・高分子・機能性蛋白質その他の多様な材料を扱います。これらの物質の物理学的な基礎に関する物性物理的分野および材料化学的分野と、各種デバイス、特に電子デバイスへの応用を目的とした電子材料分野があります。本専攻では、種々の材料の物理的および化学的基礎の教育に重点を置くとともに、工学的な応用を目的とする材料の評価・設計と電子工学への具体的な応用に関する事項についても教育を行います。これらの教育を有機的に関連づけることにより、材料科学の基礎から応用に至る総合的な理解を持つ科学・技術者を養成することを目的としています。

最近の修士論文のテーマ

・水吸着におけるゼオライトの親・疎水性評価に関する研究
・メソ細孔内への二酸化マンガンの導入と磁気物性に関する研究
・過酸化水素を用いた環境に優しい新規反応の開発研究
・有機性廃棄物を利用したバイオガスの回収に関する研究
・Nd2Fe14B系焼結磁石の磁化反転機構の解析 -真空蒸着法によるSm-Fe-N系厚膜磁石の調製-
・オカリナの科学的研究
・シリコン中の鉄不純物応力誘起拡散
・集光型太陽光発電システムとGaAs系太陽電池の研究
・生物活性物質合成のための新規合成反応の開発研究
・有機フッ素化合物の効率的合成法の開発研究
・茶園土壌中の有機物分解菌の解析
・フグDNA鑑定法の開発
・日本種ウナギの集団構造解析

将来の進路

・化学関連
・食料品関連
・精密機械関連
・電気・電子機器関連
・大学院博士課程