グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 総合情報学部  > 人間情報デザイン学科  > 人間情報デザイン学科メンバーの声

人間情報デザイン学科メンバーの声

このページでは、人間情報システム学科(現理工学部情報システム学科)の在学生や卒業生の声を紹介いたします。

生命とコンピュータの架け橋になれます

4年生 Y.Mさん

このコースでは、生物学や心理学に関する分野を中心に「人間」について深く学ぶことができます。この分野とコンピュータは一見関わりがないようにも思えるかもしれません。しかし、コンピュータは現在様々な場面で人間の代役をしており、それを人間が操作しているため、人間とコンピュータは非常に密接な関係にあるのです。コンピュータの利用が多様になるなか、「人間」を学ぶことは、コンピュータの使用や、その開発にいたる重要な知識を提供してくれます。私は、卒業研究で、プロテインの摂取が及ぼす人筋肉への影響を研究しています。コンピュータも活用した実験を通じ、人間の身体についてより知識を深めることができます。

幅広い知識を得られる本学科はおススメです!

2006年3月卒業 S.Sさん

学部時代は心理学などの分野で計測される膨大な量のデータを集積・解析する研究を行い、さまざまな情報を有効的に活かすための技術を身に付けました。
現在、私は浜松市内のC社に就職し、マリンエンジンの開発業務に携わっています。入社して1年たっていないので、まだまだ分からないことばかりですが、大学で学んだ知識・技術を生かしつつ、日々是勉強の精神でがんばっていきます。
これから進学される皆さんには、選択によって幅広い知識を得ることができる情報システム学科がおススメです。

興味のあるサッカーに関する研究が出来ました

2006年3月卒業 O.Aさん

現在、銀行の営業店後方事務をしています。銀行というと、窓口で接客応対をしているイメージがありますが、今は主にお客様の伝票処理をしています。
大学では、運動生理学の研究室で、サッカーに関することを研究しました。もともとサッカーに興味があったので、自分のやりたいことを研究することができました。その他にも、情報システム学科では、心理学やコミュニケーションなどを学ぶことができました。
仕事では、常に、電話のやりとりがあるので、少しの会話でも、苦情を受けないようなコミュニケーションが大切になります。このような分野で学んだことは、これからさき、仕事を続けていくうえで、非常に重要なものとなると思います。大学では、たくさんの人と出会い、勉強以外のこともたくさん学びました。大学で培った様々な知識が、私の糧となっています。

多くの友人との出会いが自分を大きく成長させてくれました

2005年3月卒業 I.Cさん

現在私は、B社藤枝内瀬戸店でフロアースタッフとして勤務しています。平日は接客や事務処理などをこなし、土日は点検や修理のお客様、新車を見に来るお客様の接客応対を主にやっています。お出迎え・ご用命の受付・湯茶のサービス・お見送りなどを行い、お客様に気持ちよく満足して帰っていただける様に心がけて仕事をしています。
大学では生命・心理情報分野の講義を多く取りました。セミナー・卒研も学習心理学の分野を専攻し、金魚を使った学習の実験を行いました。動物相手の実験はなかなか大変でしたが、研究室の共同研究者の仲間と共に楽しく研究を行えて、とてもいい思い出になっています。
今は専攻とは違う関係の進路に進みましたが、大学時代に自動車免許を取得し、車や運転が好きになったことから今の道に進みました。この仕事につけて、充実した毎日を過ごしています。 多くの友人に出会え様々な経験ができ、自分を大きく成長させてくれた充実した4年間でした。

学科で学んだ基礎知識を生かした充実した毎日を過ごしています

2005年3月卒業 S.Aさん

私は、情報処理についてより理解を深めたいと思い、静岡理工科大学に入りました。入学当初は、情報分野について興味を持っていましたが、講義や部活動などの大学生活を通じて、生物、特にヒトについて興味を持つようになりました。このことを生かし、卒業研究では、幼児の体力をテーマに、成長に伴う体力、体格の変化について学びました。現在は、小学校事務職員として働いています。情報学科で学んだ情報の基礎知識生かしながら、自分が好きな子どもたちと接することができ、充実した日々を送っています。情報処理だけでなく幅広い分野について学ぶことのできる情報システム学科にめぐり合え、自分が本当に好きなことを発見できたことに感謝しています。

貴重な経験の出来た卒業研究はとても良い思い出です

2005年3月卒業 M.Kさん

現在、関連会社に出向中で、直収電話事業(独自の交換機を使用する電話事業)に携わっています。年齢に関係なくチャンスを与えられる職場で、人間関係に悩むことなく仕事ができます。1年目に社内賞を2度頂き、2年目の今年は同期の新人で唯一チームリーダーを任され、充実した毎日です。大学では小栗研究室に所属し、大学祭での研究発表、卒研、横浜にある台湾の代表処(大使館に相当)で行った研究発表など、忙しい学生生活でしたが、いずれも貴重な経験ができて、とても良い思い出として残っています。