グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 情報学部  > 情報学部の特徴

情報学部の特徴

情報学部の紹介(2013年12月公開)
動画で紹介する『情報学部』の魅力(2013年12月公開・・・随時更新)

「理系の理論」に「文系の感性」を融合し新たなステージへ!
(情報学部の詳しい紹介)


コンピュータがケイタイや家電にも取り込まれ、「普通にそこにあるもの」になった今、私たちに最も求められているものは、「ヒトの感性と心地よく共鳴するコンピュータシステム」、その発想力・情報デザイン力です。情報学部では「理系の論理」に「文系の感性」を融合した教育で、総合的情報デザイン力を身につけた人材を育成します。

「システムエンジニア」、「ソフトウェア開発」、「ゲーム・CGプログラマー」、「Webデザイナー」、「ネットビジネス・IT企業」、「企画・広報」、「公務員」、「教育」、「新聞・放送・マスメディア」、「人間工学分野」、「バイオ」、「マーケティング」、「商品開発」、「CAD技術者」、「生産管理技術者」・・などなど、情報科学のプロフェッショナルとして、あなたの活躍分野が大きく広がります。

さあ、理系クラスの皆さんはもちろん、文系クラスにいて、人間とコンピュータについて深く知り、情報化社会の中で、より快適で、より安心な生活を実現したいと思っている皆さんも、一緒になり、情報学部で新たな活躍ステージへ飛躍しましょう。

※情報学部では、理系クラスの受験生はもちろん、「文系の受験生にも対応した入試制度」と「教育システム」を採っています。
(2科目入試制度がありますので、例えば、国語と英語のみの選択でも受験できます。また、入学後の数学系の必修科目は「情報数学基礎」のみです。)

「情報化社会で活躍する人間になれる!」
>> 情報学部の活躍のステージについて詳しく知る
情報社会のプロフェッショナルに
コンピュータをコアとして、文系分野を含めた総合的な情報学を学び、情報化社会で中心となり活躍できる人材を育てます。

地域企業の未来のリーダーを育成
専門教育と特別プログラムによる実践型教育、そして長期インターンシップを通じて、企業で求められる実力を身につけられます。
(本学の就職実績は全国ランキングで常にトップレベル。県内大学1~3位の就職率を達成しています。)

実践を通じて効率的に理論と技術を学ぶ特徴的な教育方法
(特別プログラム等)

情報学部では、“講義で理論を学び、研究・実験で技術を身につける”という従来の大学教育とは発想を逆転した新しい教育方法を開発しました。これは、 “実践を通じて理論と技術の双方を同時に習得できる”PBL(Project Based Learning)という方法です。具体的には「特別プログラム」と「集中実習科目」を用意しています。

「実践的なユニークなプログラム」
>>情報学部の教育方法について詳しく知る