グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 情報学部  > 情報学部の特徴  > 特別プログラム

特別プログラム

このページの目次


特別プログラムについて

特別プログラムとは

大学の教育は講義で基礎理論を学び、卒業研究で“ものづくり”等の実践を行うのが一般的です。しかし、情報系技術者に要求されるプログラミング等の“ものづくり”は実践(経験)を行いながら、同時にそこに必要な理論を学ぶ方がはるかに効率的な事があります。そこで、情報学部では「特別プログラム」を設け、最初に目標を設定し、目標達成(モノを作り上げる)過程を順を追って学ぶPBL(Project Based Learning)という新しい教育方法を導入しました。

具体的には、(1)目標の設定 (2)制作技術の習得 (3)講義と演習 (4)作品の製作 (5)評価手法の習得 (6)作品の修正と完成、という6つのプロセスを繰り返す実践型の教育です。

授業内容は難しいものではありません。ゆるやかな坂を登るように、途中の小目標を目指して頑張るので、無理がありません。分からないときでも、先生がキメ細かくサポートもします。むしろ、ものづくりの楽しさに没頭し、あっという間に時間の経つ楽しい授業です。そして、年間168コマ(通常講義の11倍)という多くの時間をかける授業なので、終わったときには他の大学の授業では得られない満足感と進歩が得られるでしょう。

Webデザイン特別プログラム

1年間を通じて一つのサイトを作ることによって、HP(ホームページ)制作に必要なあらゆる基礎技術を、全て身に付ける事ができます。HTMLやCSSの書き方、Webプログラミングの基礎、各種制作ツール使い方から始め、JavaScript、3DCG、映像制作やゲーム制作等を途中の小目標として制作し、それをどんどんHPに追加していきます。時間が経つのも忘れて制作に没頭してしまう楽しい内容です。

HPやプログラムを作成した経験が全く無い人でも、丁寧なマンツーマンの指導を行いますので大丈夫です。PBL(Project Based Learning)の考え方に基づき、無理なく高い技術レベルに到達できる、本学が編み出した特別なカリキュラムで学びます。同時に、「設計(システムデザイン)」「制作」、「試験評価(テスト)」等の工程を楽しく学び、他のプログラムを開発するのにも役立つ技術を身につけます。