グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 地域交流・公開講座  > 公開講座

公開講座

平成30年7月28日(土)開催予定の公開講座ですが、台風12号の影響により、開催を見合わせ、中止といたします。

またの機会に本学にお越しください。


(7月27日 11:00決定)

第1回公開講座

平成30年度公開講座を開催いたします。どなたでも参加できます。ふるってお申込みください。
第1回
開催日時 平成30年7月28日(土)13:30~16:00
講演テーマウナギと静岡県-身近なのに謎の多いウナギの研究について-
講演1内容「静岡における種偽装解明からウナギ科学へ」

20年前に企業の依頼で、その頃業界を悩ませていた種偽装問題を解決すべく、ウナギ種DNA鑑定法を立上げました。ニホンウナギから多数のDNAを調べ上げ、個体により検出遺伝子の一部に高頻度の違いを見出すことに成功しました。また、他遺伝子を大量に解読した結果、ニホンウナギは遺伝的に異なる2集団からなること、川ウナギと海ウナギの違いを解明しました。本講演では、その内容を紹介します。
講師静岡理工科大学 理工学部 物質生命科学科
教授 常吉俊宏
講演2内容「うなぎ 研究と食文化」

ウナギは謎の多い生き物と長い間いわれてきましたが、近年の研究の目覚ましい進歩によってその謎は次第に明らかになってきました。一方で人は古くからウナギを食資源動物として利用してきており、豊かな食文化が花開いています。しかし、ウナギの資源は今急激に減少し、早急に適切な対策が必要となっています。ウナギで有名な静岡県とウナギの関わりを紹介し、今後も私たちがウナギを食べ続けられるようにするにはどうしたら良いか、共に考えてみましょう。
講師東京大学 
名誉教授 塚本勝巳氏
(日本大学 生物資源科学部 海洋生物資源科学科 教授)
同時開催ウナギつかみ体験 
講演後、ウナギに触れることができる「ウナギつかみ体験」を行います。
※希望者はバスタオルをお持ちください。
ウナギを持ちかえることはできません。
会場静岡理工科大学 学生ホール3階 300講義室
参加費無料
申込方法「イベントお申込み」からお申込み下さい。定員になり次第、締め切ります。
定員250名
主催静岡理工科大学
問い合わせ先事務局社会連携課
TEL 0538-45-0108
E-mail:c-news@sist.ac.jp
その他◇駐車場は大学内にご用意しています。
◇愛野駅と大学間の無料バスを運行します。
(行き):
愛野駅(南口)     大学
①12:55発     13:00着
②13:10発     13:15着

(帰り):
大学          愛野駅(南口)
①15:35発     15:40着
②15:50発     15:55着
③16:05発     16:10着

※本学ホームページからお申込みされる場合については、イベントお申込フォームの「ご質問・ご相談」欄にご記載下さい。(先着順で受付けます。)

第3回公開講座

第3回公開講座を開催しました。大勢のご参加ありがとうございました。
第3回
開催日時 平成29年11月23日(木祝)13:30~16:30
講演テーマ実世界と情報社会を融合する知的な情報システムとは
講演1内容「エネルギーの情報化:実世界と情報社会の融合による次世代エネルギー」

 実世界と情報社会の融合とは、実世界にある「もの」がICT技術により、自律的に自分自身を管理しながら、「もの」同士の相互に連携することで、システム全体でおきる「こと」を管理・制御することであると考えます。講演ではその一例として、電力発電や消費が分散化、個別化、双方向化しつつある電力システムの管理方法として、家庭・オフィス・工場・農場など、需要家EMSを主体とし、それらが相互連携することで全体を管理する、次世代の分散協調型電力管理の枠組みの構築を目指した取り組みについて紹介します。
講師静岡理工科大学 理工学部 電気電子工学科
准教授 加藤 丈和
講演2内容「インタラクションダイナミクスのモデル化を目指して」

人同士のコミュニケーションには、間合いや表情・動きの変化など、個々の参与者や、参与者間のインタラクションに様々なダイナミクスが存在します。人と機械の自然なインタラクションを実現するうえで、これらダイナミクスをどのように数理的に扱えばよいでしょうか?はじめに、表情における部位間のタイミング情報や、視聴覚メディア信号間の同期構造を、ハイブリッドダイナミカルシステムと呼ばれる数理モデルで統一的に扱う方法について紹介します。続いて、コミュニケーションのモデル化を目指した、マルチエージェントの相互作用モデルについて、人やロボット、生物群などの広い視点から紹介します。
講師京都大学大学院 情報学研究科 知能情報学専攻
准教授 川嶋 宏彰 氏
会場静岡理工科大学 学生ホール3階 300講義室
参加費無料
申込方法「イベントお申込み」からお申込み下さい。定員になり次第、締め切ります。
定員250名
主催静岡理工科大学
問い合わせ先事務局社会連携課
TEL 0538-45-0111
E-mail:c-news@sist.ac.jp
その他◇駐車場は大学内にご用意しています。
◇愛野駅と大学間の無料バスを運行します。
(行き):
愛野駅(南口)13:00発→大学 13:06着
(帰り):
大学 17:00発→愛野駅(南口)17:06着
※本学ホームページからお申込みされる場合については、イベントお申込フォームの「ご質問・ご相談」欄にご記載下さい。(先着順で受付けます。)

第2回公開講座(第100回公開講座記念講演)

終了しました。沢山の皆様にご参加いただき、ありがとうございました。

平成29年度第2回公開講座は、本学が袋井市に拠点を構え、記念すべき100回目の公開講座です。そこで、今回のテーマは、本学が高等教育機関として果たす「人づくり」と、拠点である袋井の「街づくり」について学びます。
小笠公園エコパが、2019年にラグビーW杯の試合会場となることから、「ラグビー」を機軸とした、講演、トークセッションを開催し、講師には、ヤマハ発動機ジュビロ清宮克幸監督を招き、一般市民の方に、ラグビーを通じた「人、組織、街づくり」を学ぶ学習機会とします。
皆様のご参加をお待ちしております。ふるってご参加ください。

第2回
(第100回公開講座記念講演)
開催日時 平成29年5月20日(土)13:30~15:30
講演の部テーマ「ラグビーから学ぶ ヒト、組織、地域づくり」
講師ヤマハ発動機ラグビー部監督 清宮克幸 氏
トークセッションの部
テーマ「ラグビーがヒト・地域をかえる」
対談者ヤマハ発動機ラグビー部監督 清宮克幸 氏
袋井市市長 原田英之 氏
静岡理工科大学学長 野口博
司会進行(全体):小川綾乃 氏(フリーアナウンサー)
会場静岡理工科大学 学生ホール3階 300講義室
参加費無料
申込方法「イベントお申込み」からお申込み下さい。定員になり次第、締め切ります。
定員250名
主催静岡理工科大学
袋井市
ラグビーワールドカップ2019静岡県開催袋井市開催推進委員会
問い合わせ先事務局社会連携課
TEL 0538-45-0111
E-mail:c-news@sist.ac.jp
その他◇駐車場は大学内にご用意しています。
◇無料バスを運行します。
(行き):
袋井駅(北口)13:00発→愛野駅(南口)13:15発→大学 13:20着
(帰り):
大学 15:40発→愛野駅(南口)15:45着→袋井駅(北口)16:00着
※本学ホームページからお申込みされる場合については、イベントお申込フォームの「ご質問・ご相談」欄にご記載下さい。(先着順で受付けます。)

チラシ・申し込み用紙