グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 地域交流・公開講座  > 公開シンポジウム

公開シンポジウム

平成29年度静岡理工科大学公開シンポジウムは終了いたしました。大勢のご参加ありがとうございました
平成29年度
開催日時 平成30年3月3日(土)13:30~17:00
講演テーマ日本の大型ロケット開発の現状と『ロケットエンジン』を支える最先端科学技術とは
講演概要宇宙に向けて飛び立つロケットは、最先端科学技術の結晶とも言われています。その飛行を可能とするロケットエンジンは極限の環境の中で機能することが求められるために、使用される金属材料や加工には技術の粋が凝らされています。
このシンポジウムでは、ロケットエンジンを金属工学からスポットを当て、その技術を紹介するとともに、静岡県の企業が果たしている役割と将来展望について考えていきます。
基調講演内容H-IIA/Bロケットを支えるものづくりの技術 
-液体ロケットエンジンの極限設計-
講師三菱重工業株式会社防衛・宇宙セグメント宇宙事業部宇宙機器技術部
主席技師(H-IIA/Bエンジン プロジェクト・マネージャー) 
安井 正明氏
パネルディスカッション パネリスト1. 静岡県経済産業部 商工業局 技監
望月 一男氏
2. 三菱重工業株式会社防衛・宇宙セグメント宇宙事業部宇宙機器技術部
主席技師(H-IIA/Bエンジン プロジェクト・マネージャー)
安井 正明氏(基調講演者)
3. 株式会社エステック 代表取締役
(静岡航空宇宙産業プロジェクト「協同組合SOLAE」メンバー会社)
鈴木 誠一氏
4. 機械工学科 教授
藤原 弘
コーディネータ機械工学科  教授 
増田 和三
会場静岡理工科大学 学生ホール3階 300講義室
参加費無料
申込方法「イベントお申込み」からお申込み下さい。定員になり次第、締め切ります。
定員250名
主催静岡理工科大学
問い合わせ先事務局社会連携課
TEL 0538-45-0111
E-mail:c-news@sist.ac.jp
その他◇駐車場は大学内にご用意しています。
◇無料バスを運行します。
(行き):
袋井駅(北口)13:00発→愛野駅(南口)13:15発→大学 13:20着
(帰り):
大学 17:10発→愛野駅(南口)17:15着→袋井駅(北口)17:30着
※本学ホームページからお申込みされる場合については、イベントお申込フォームの「ご質問・ご相談」欄にご記載下さい。(先着順で受付けます。)

開催チラシ 公開シンポジウム