本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




研究室内の機器

Kerr効果偏光顕微鏡

磁石表面に光を当てると、反射した光がねじれる現象が起こります。N極とS極ではこのねじれ方が逆であり、Kerr効果偏光顕微鏡で観察してみるとN極が明かるく見えるときはS極が暗く見えます。
右の図に示す観察像を見てみると、明るい部分と暗い部分に分かれた縞模様が見えています。

真空蒸着器

蒸着器とは、金属を高温に熱し蒸発させることで、基板に金属の膜を作ります。
本研究室では磁気センサーへの応用が見込まれている磁石薄膜を作製し実験を行っています。

Copyright(c) SIST All Rights Reserved.