本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




研究内容

研究室プロフィール

応用微生物学研究室は、静岡理工科大学理工学部物質生命科学科に、、2011年4月、齋藤によって開設されました。
「基礎から応用へ、現場から科学へ」をモットーに、モデル微生物を材料とした分子レベルでの基礎研究から、農耕地土壌自体を対象とした応用研究まで、幅広い研究を展開しています。

バイオマスの有効利用はもとより、再生可能エネルギーの生産や環境の保全など、持続可能社会の構築に必要な様々な技術の開発に“微生物”が関わっています。微生物の能力を活用し、明るい未来を築きあげましょう

研究室には、齋藤 明広(准教授)と、4年生6名と大学院生2名が所属しています(平成29年4月1日現在)。

研究テーマ

  • 農耕地土壌での多糖の分解過程の研究
  • 放線菌の糖質輸送系の研究
  • 放線菌によるキチン・キトサン認識と分解の研究
  • メロン毛根病の研究
  • ナタマメ根粒菌の研究




今後、研究内容の詳細を追加していきます。

研究クローズアップ 有名無名な微生物の能力の仕組みを解き明かし,微生物利用技術の開発基盤を築く

放線菌のキチン分解の様子

微生物はどのように多糖を認識して分解するのか?

カニ殻やカビの細胞壁に含まれるキチンはバイオマス多糖の一種で、長い鎖状の構造をしています。その分解物であるキチンオリゴ糖(短い鎖状構造をしている)は、免疫賦活作用や整腸作用があると報じられていますが、製造方法が複雑で高価です。本研究室では、微生物によるキチンの認識と分解の仕組みを分子レベルで解明することで、キチンオリゴ糖の製造原料となるキチン2糖の効率的な生産技術の開発基盤となるアイデアと研究成果を得てきました。キチンオリゴ糖が量産される日も近いかもしれません。

Copyright(c) SIST All Rights Reserved.