本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教員紹介

齋藤明広 教授 : 応用微生物学研究室

微生物の能力を人類と環境保全に役立てよう

水質浄化用ろ材に付着した微生物
(走査型電子顕微鏡による)

微生物の力を利用することを目的として、基礎研究と応用研究を展開します。微生物による物質認識および物質変換の仕組みを解明し、未利用バイオマス資源の利用や環境保全に役立てます。また、微生物利用の現場で観察される事象を科学的に検証し、新たな微生物や生命現象を発見することを目指します。

略歴

1994年東北大学農学部農芸化学科卒業
1999年筑波大学大学院博士課程修了(博士(農学))
1999年博士研究員 (農業環境技術研究所、東北大学遺伝生態研究センター、オスナブリュック大学、農業生物資源研究所)
2004年千葉大学 助手 園芸学部生物生産科学科
2007年千葉大学 助教 大学院融合科学研究科ナノサイエンス専攻
2010年静岡理工科大学 理工学部 物質生命科学科 准教授
2018年現職

担当授業科目

フレッシュマンセミナー1年前期
物質生命科学概論(分担)1年前期自身の専門分野の紹介を担当
基礎生物学1年前期
環境分析実験(分担)2年前期水試料の分析(COD測定、原子吸光分析、全リンの測定)および大気の分析(ガスクロマトグラフィー)を担当
微生物学2年後期ベストティーチャー賞(2013年)
環境微生物学3年前期ベストティーチャー賞(2016,2017年度)、ベストティーチャー選奨(2018年度)
生命化学実験(分担)3年後期微生物の取扱い、大腸菌の遺伝子組換え、酵素の取扱い、を担当
環境システム工学
(静岡大学工学部
数理システム工学科)
非常勤講師
2年前期
微生物学
(東海アクシス看護専門学校)
(分担)
非常勤講師
1年後期初回(微生物とは?)を担当
環境生物学大学院前期(修士課程)

Copyright(c) SIST All Rights Reserved.