本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > バイオ食品科学コース

バイオ食品科学コース

環境や食糧の問題を見つめ、
バイオの力で未来を切り拓く。


植物、動物などが生み出した各種の物質を取り込むことで、人は恒常性を維持しています。
原子・分子・遺伝子レベルからアプローチし、
生体反応を制御している物質を食品の安全性という観点から学ぶのが本コースです。
環境に優しい物質変換を目指す「グリーン化学」、環境を改善する「環境バイオ」、健康と機能性・食品の関係を探る「食品バイオ」の3分野につて研究を深めます。


将来の進路

  • 食品・製薬メーカーの製造・品質管理・開発営業部門
  • 環境関連分野


4年間の履修科目イメージ(平成29年度以降の入学生)

1年次2年次3年次4年次
専門科目
(○は必修、緑字はコース必修)
○物質生命科学概論
○基礎生物学
○基礎化学
○基礎物理学
○基礎生化学
○基礎無機化学
○基礎有機化学
○力・運動・エネルギー
○微生物学
○生化学
○基礎分析化学
○基礎物理化学
○有機化学
○無機化学
○電気と磁気
○機器分析
○有機合成化学
○物理化学
○物質生命科学実験
○食品衛生学
○生命化学実験1
○環境微生物学
○遺伝子工学
○食品醸造加工学
○生命化学実験2

○高分子化学
食品栄養機能学
材料科学
食品分析学
細胞生物学
応用熱力学
コンピュータ科学
量子化学
バイオマテリアル
生物有機化学
○卒業研究
○セミナー
化学工学
資源環境工学
生物工学
専門基礎科目
(○は必修)
○微分積分 / 演習
○コンピュータ入門
○理工学基礎実験
線形代数/演習
応用数学
理工系教養の数学
入門生物学
科学実験1
科学実験2
環境化学
○環境分析実験
微分方程式
フーリエ解析・ラプラス変換
ベクトル解析
物理2
プログラミング入門
コンピュータ構成概論
C言語
地球科学
工業材料とその性質
環境と新エネルギー
工業経営
品質工学入門
財務システム入門

4年間の履修科目イメージ(平成28年度入学生まで)

1年次2年次3年次4年次
専門教育・研究プロジェクト物質生命科学概論
基礎生物学
化学構造概論
基礎物理学
基礎生物学
食品・バイオ演習
基礎有機化学
基礎分析化学
基礎無機化学
基礎物理化学
環境・新素材演習
コンピュータ科学
生化学
微生物学
食品栄養機能学
有機化学
機器分析
無機化学
物理化学
物質生命科学実験
細胞生物学
食品分析学
食品衛生学
有機合成化学
高分子化学
量子化学
生命科学実験1・2
遺伝子工学
環境微生物学
生物工学
食品醸造加工学
バイオマテリアル
化学工学
資源環境工学
卒業研究
セミナー
数宇分野微分積分 / 演習
基礎数学1
微分方程式
情報系基礎コンピュータ入門
自然科学・工学基礎入門物理学
入門化学
入門生物学
物理学1
化学
生物学
理工学基礎実験
物理学2
環境分析実験

授業科目の紹介

遺伝子工学

構造を解き明かし、遺伝子の本質に迫る。

塩基配列を解読する
DNA・RNAの抽出・合成・精製法、PCRとその応用技術を理解し、塩基配列の解読法を学びます。この知識をベースに、遺伝子組換えやクローニング、遺伝子ハンティングなどの具体的な技術へと発展させていきます。

食品分析学

成分と化学構造から、食品の特性を見出す。

食品成分を徹底分析
まずは食品分析の方法を知り、その分析結果から化学構造や特性を理解していきます。分離・定量などの原理について考察することで、品質管理や商品開発における食品分析の意義を学びます。

Copyright(c) SIST All Rights Reserved.