本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > 新着情報  > アグリニクス研究会の交流会

アグリニクス研究会の交流会

4月27日(木)に、物質生命科学科の齋藤明広准教授が代表幹事を務めるアグリニクス研究会(袋井地域の農工商連携を推進する会)の交流会が開催されました。齋藤准教授が本研究会の研究成果報告として「ナタマメと共生する微生物の研究 ~増収と新種発見を目指して~」として講演しました。また、本学機械工学科の鹿内講師が、「農業と工学の融合 ~農業機械を高機能・自動化するための要素技術~」と題した講演をしました。講演終了後には、出席者全員による自己紹介と意見交換が行われました。ご出席くださった皆さまありがとうございました。

Copyright(c) SIST All Rights Reserved.