グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 理工学部  > 学科概要・教育目標

学科概要・教育目標

学科概要

電気電子分野は産業の幅広い領域で応用され、地元企業からのニーズが非常に高い工学分野です。これら地元企業からの要望に応える学生を育てるために、“もの作りとその制御”を合い言葉に下に示す2つのコース、4つの分野を中心とした学科構成となっています。
 また、本学科の実際の電気自動車や先端分析・通信機器を導入し、各コースの技術を融合したもの作りとその制御を含め、実際の社会での活用を見据えた技術・システム開発を理解することができます。

電気工学コース

「制御・システム分野」
 マイクロコンピュータや電子制御回路を駆使し、自動走行や安全を意識したEVやパワースーツなどのロボット、福祉・医療機器などを設計するための基礎知識を学び、これからの豊かな社会を構成するさまざまな電子制御システムの設計、電子回路や制御プログラムの設計ができる能力を習得します。 

「電力・エネルギー分野」
 新エネルギーシステムを含む、送電、配電等の電力エネルギー供給システムならびに電気機器、パワーエレクトロニクス機器、電動力応用システム等の電気機器・システムについての基礎知識を習得します。また、電気主任技術者資格(電験)認定のための必須コースであり、就職にも非常に有利です。

電子工学コース

「情報・通信分野」
 近年の情報通信機器を支えるマイクロプロセッサ、センシングデバイス、信号処理デバイスや電子回路、およびそれらを組み合わせて応用した、電力、マルチメディア、防災、医療・福祉などにおける情報通信システムの仕組みを理解するための知識・技術をハードウェア・ソフトウェアの両面から取得します。また、関連授業の単位修得により、電気通信主任技術者認定校における科目試験が免除され、就職にも有利です。

「電子・光応用分野」
 集積回路やセンサ回路に加え、発光・受光ダイオードや半導体レーザなどの光関連電子デバイス、太陽電池などのエネルギーデバイスの構造・動作原理を学び、これらの応用技術を身に付けます。 

教育目標

電気電子工学科では、以下の3点について、基礎的知識と実践的な技術を身につけた学生を育てることを教育目標としています。

1. 産業の基盤を支える
2. 豊かな人間生活を創出する
3. 自動化と快適な環境を創出する


具体的な修得方法として、次の3項目に力を入れています。

①光関連デバイス、センサやICを自ら設計・試作・評価する実験、あるいは各種電気・電子機器やその計測を自ら取り扱う実験に取り組ませること。
②実験を少人数からなるグループ単位で行わせることにより、協調性自己表現両立できる能力を身につけさせること。
③指導教員のもとで、より専門的なテーマについて一年間かけた卒業研究を行わせ、これを通じて、学生の創意工夫問題解決能力を養うこと。

更に、上記教育目標を達成するために、電気電子に関する教育と研究に必要とされる授業科目を揃えています。