グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 理工学部  > 機械工学科

機械工学科

「自ら考え、創造し、楽しむこと」が機械工学科のモットー。機械創作入門などの体験的な科目と関連して、機械力学、材料力学、熱力学、流体力学など機械工学の基盤である力学体系から学びます。また、これらをもとに最先端テクノロジーの領域へ踏み込み、講義と並行して実験やインターンシップを含む実習を履修。実践的な応用力やコミュニケーション力を磨き、新しい時代のエンジニアとしてのスキルを養います。

自動車関連産業が多数集中する遠州地区に立地する本学では、自動車工学の基礎と応用を幅広く学ぶことができ、自動車産業の発展を支える技術者を養成します。


航空宇宙分野(有人・無人)に関する専門分野を学び、航空機・宇宙機を含む輸送機分野のエンジニアとしての応用力を身につけます。


工場での生産現場や医療・介護分野で稼働するロボット、災害時のレスキューロボットなど多様な発展性を見せるロボット工学の基礎と応用を習得し、ロボット産業の進歩に貢献できる技術者を育てます。


機械工学科卒業生の主な進路先を紹介します。


機械工学科の教員と研究室を紹介します。


機械工学科のメンバーの声を紹介します。