グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 理工学部  > 機械工学科  > 学科概要・教育目標

学科概要・教育目標

学科概要

あらゆる先端テクノロジーを取り込みながら成長しています

機械工学は、システム技術の高機能化、コンピュータによる知能機械化、人間性や環境問題を考慮した柔軟なシステム設計など、周辺技術分野を取り込みながら、新しい展開を見せています。本学科では、21 世紀のエンジニアに必要となるこれらの先端テクノロジーについて学ぶことができます。

しっかりした基礎を築くことで実践的な応用力を育てます

創造工学入門などの体験的な科目と関連させながら、機械力学、材料力学、熱力学、流体力学などの機械工学を支える基礎を身につけます。学年が進むにつれ、この基礎を徐々に展開させ、最先端のテクノロジーについて学習。講義と並行した実験・実習や製図などのプログラムにより、実践的な応用力を無理なく身につけていきます。

「自ら考え、創造し、楽しむ」積極的なエンジニアに

機械工学科では、「自ら考え、創造し、楽しむ」ことに、こだわりを持っています。常に好奇心を持って、積極的に「ものづくり」に取り組む、ダイナミックなエンジニアになってもらうことを目標に、最新の設備と充実した教員スタッフを揃え、ふれあいを通して一人ひとりの個性を引き出す教育に全力を挙げています。

広い分野で活躍できるエンジニアリング・センスを

機械工学エンジニアは幅広い産業分野から求められており、最近ますます活躍の場が広がっています。そのため本学科では、あらゆる技術分野で通用するエンジニアリング・センスの育成を特に重視しています。教員スタッフが個別指導する卒業研究を通じ、こうしたセンスは確実に身につくでしょう。そこからエンジニアとしての素晴らしい未来が始まります。

教育目標

  1. 機械工学を構成する各分野の基礎原理を確実に理解し、それを実際の技術に応用できる。
  2. 社会からの要請の大きい実践的技術力を身につける。
  3. 「自ら考え、作り、楽しむ」積極的な技術者を目指す。