グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 理工学部 > 機械工学科 > 学科概要・教育目標

学科概要・教育目標


学科概要

機械工学の先端テクノロジーを学ぶ

機械工学は、システムの高機能・高精度化、コンピュータ制御による知能化、人間性や環境に配慮した設計など、周辺技術分野を取り込みながら、常に成長を続けています。本学科では、充実した設備と、各分野の第一線で豊富な経験を有する教員スタッフから、機械工学の先端テクノロジーを学ぶことができます。

機械工学の基礎から応用まで無理なく身につける

初年次には、機械創作入門などの体験的な科目が用意されているため、機械技術に親しみながら材料力学、熱力学、流体力学などの基礎知識を学ぶことができます。学年が進むと、自動車工学、航空工学、ロボット工学の各コースに進み、各分野の専門科目や先端テクノロジーを学んでいきます。機械工学応用実験、各コースの創造演習など、専門科目に対応する実験や演習科目が充実しているため、本学科では、機械工学の基礎から応用まで、無理なく身につけることができます。

「自ら考え、創造し、楽しむ」実践的なエンジニアの育成

広範囲にわたる機械工学の分野でエンジニアとして活躍し続けるためには、常に好奇心を持って、積極的に「ものづくり」に取り組む姿勢が必要です。本学科では、ふれあいを大切にして、学生一人ひとりの個性を引き出す教育を通じて、「自ら考え、創造し、楽しむ」実践的なエンジニアの育成に全力を挙げています。

エンジニアリング・センスの育成

機械系エンジニアは、幅広い産業分野から求められ、ますます活躍の場が広がっています。そのため本学科では、あらゆる技術分野で通用するエンジニアリング・センスの育成を重視しています。こうしたセンスは、創造演習などの課題解決型グループワークや、教員スタッフによる個別指導で論文をまとめる卒業研究を通じて身につくことでしょう。その先には、エンジニアとしての素晴らしい世界が広がっています。

教育目標

  1. 機械工学を構成する各分野の基礎原理を確実に理解し、それを実際の技術に応用できる。
  2. 「自ら考え、作り、楽しむ」実践的な技術者を目指す。
  3. 幅広い社会のニーズに対応する技術力とコミュニケーション力を身につける。