グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 理工学部  > 機械工学科  > 航空工学コース

航空工学コース

航空機産業・機械産業の
設計技術者を養成

本学の「やらまいか教育」、特に「“モノ”から入る教育」の理念を達成するため、航空工学コースにおいても、「航空工学実験」「航空工学実地演習」「航空工学創造演習」などの科目を設けて、航空関連施設や企業における「実地体験」や「航空のもの作り」に力を入れています。
超小型ジェットエンジンの研究や試験、軽量構造飛行体、例えば、新型航空機の試作実験機、人力飛行機、垂直離着陸実験機、飛行ロボットなどの実物の設計・製作を題材として航空工学を学びます。これを通して、空を飛ぶという厳しい要求と制約の下での可能性の追求という興味深い「ものづくり」の技術を修得できます。また、新設の富士山静岡空港を利用する体験飛行、航空機整備工場や航空宇宙関連工場における見学や実習などの体験学習によって、航空関連技術についての理解と経験を深めることができます。

コースの特徴

空を飛ぶための先端技術を学ぶ

航空機を中心とした輸送機器の
設計技術を習得

航空機関連産業(有人・無人)では、群を抜いてハイレベルな、学際的かつ先端的技術が多く用いられています。
このコースでは航空機産業の多様な広がりの中で活躍できる主に設計を担当する中堅技術者の育成を目指し、機械工学の基礎的科目に加えて航空機に関連した種々の専門科目を学ぶことができます。
航空機の基本技術は自動車などの輸送用機器や他の機械の開発設計にも応用できますので、このコースで学べば、さまざまな分野でリーダーとして活躍できます。

実体験をもとにした実践的教育

充実した実践的教育
鳥人間コンテストにも挑戦しています

航空工学を学ぶにあたっては、実地演習や航空機の運航現場などで実際にモノに触れて体験することが大事です。
航空工学コースでは実体験を基にした実践的教育を実現するために「航空工学実験」「航空工学実地演習」「航空工学創造演習」などの科目を設けています。
これらの科目では、実際に飛ぶ飛行体の製作・飛行の原理や運動特性や航空機の制御の学習・複合材などによる軽量な構造体の製作によってこれらの設計法を体験します。ものづくりを基調として楽しく考える力と実行する力を作り上げていきます。

将来の進路

  • 航空機関連
  • 航空部品製造関連
  • 自動車関連
  • 人工衛星関連
  • 精密機械関連

>>主な進路先はこちら