グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 理工学部 > 機械工学科 > ロボット工学コース

ロボット工学コース


コースの特徴

「ものづくり」を支える技術を総合的に修得

 工場で活躍する産業用ロボット、医療現場で使用される手術支援ロボットや介護ロボット、災害発生時に活躍するレスキューロボット、オフィスや教育現場、介護施設で使用されるコミュニケーションロボット、人と協調しながら作業する協働ロボットなど、ロボットが活躍する場は加速度的に広がっており、ロボット技術は現代文明を構成する最重要技術の一つとして大きく成長しています。
 ロボット工学コースでは、機械工学の基礎と機械技術者として必要なエレクトロニクスやコンピュータ技術を習得したうえで、ロボット工学を学びます。まず、メカトロニクス基礎および基礎実験、機械要素、制御工学基礎、C言語などのロボット工学の主要な基礎科目を履修し、より専門性の高い機械力学、計測工学、ロボット工学などを学びます。

ロボットの製作に挑戦

 ロボット工学創造演習では、これまでに学習した基礎知識の集大成として、実際にサッカーロボットや、組み立てライン、ロボットハンドなどの様々な種類のオリジナルロボットの製作に挑戦します。この演習を通じて、センサやアクチュエータの基本技術や制御技術を実践的に学習し、ロボット技術者としての体験とセンスに磨きをかけていきます。

私たちの生活をサポートする優れたロボット技術を開発できるエンジニアを養成

機械工学の先端知識をベースに、情報・通信、エレクトロニクス、人工知能などの広範な科学技術領域を積極的に取り入れた教育プログラムを提供します。そして、人の生活や作業をサポートする将来のロボット技術を支える優れたエンジニアを養成していきます。

将来の進路

  • ロボット関連
  • 工作機械・産業機械関連
  • 精密機械関連
  • 自動車関連
  • 自動車部品関連

>>主な進路先はこちら