グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 理工学部  > 電気電子工学科  > 電子工学コース

電子工学コース

デバイス・通信技術を融合したシステム開発を統括し、社会の課題解決ができる

「情報通信分野」
電気には大きく分けてふたつの作用があります。ひとつはモーターを回す、物を加熱するといったエネルギーを運び、生み出す作用。もうひとつは音や画像といった情報を運ぶ作用です。人類はこのふたつの作用をうまく利用して高度な文明を発達させてきたわけですが、特に後者の利用は20世紀後半に飛躍的に進歩しました。これには電子工学という技術分野が大きく貢献しています。その成果は衛星通信や衛星放送、光通信、携帯電話、パソコン、テレビジョン、光ディスクなどとして実現しています。また、今日のほとんどの家電製品が使いやすく、また賢くなっているのも電子工学のおかげです。情報・通信コースは、電気が情報を運ぶという作用を利用するための基礎技術を学ぶことに主眼をおいて設けられたコースです。このコースのカリキュラムは関連する重要な科目に加え、体験や実験を多くすることによって、実用的な技術を習得できるように構成されています。

「電子・光応用分野」
光応用・電子デバイスコースで学ぶ技術は、電気電子工学の中で現在最も発展している技術分野のひとつです。最近では一般家庭にも光通信が普及してきており、高速で快適な通信環境を実現しています。また家電製品の中には様々なセンサが組み込まれ、効率良く環境に優しい動作を実現しています。今や私達の生活には光応用製品やセンサ応用製品が浸透し、大変役立つツールとなっているのです。本コースの光応用分野では新型レーザや発光ダイオードなどの光応用技術などについて学びます。また電子デバイスコースでは各種センサや宇宙用および車載用耐環境LSIの設計・開発技術などについて学びます。これらの基礎および応用について学び、電気製品に必要不可欠な光応用・電子デバイス技術を身につけた技術者育成を目指しています。

コースの特徴

ハード・ソフト両面から情報・通信システムを開発

ICやLSIなどの電子技術を習得

情報・通信分野は、電気が情報を運ぶという作用を利用するための基礎技術を学びます。例えば、携帯電話や地上デジタル放送など、私たちのまわりにはたくさんの情報があふれています。これらの情報はデジタル信号として電波やケーブルなどで伝えられてきます。これらの情報を効率良く正確に伝えるためには、高度な通信機器の開発や通信技術の確立が必要不可欠となります。満ち溢れた情報の中から必要な情報を取り出し、また、大切な個人情報の漏洩を防ぐことができるソフトウェア開発や、装置開発に必要な回路理論を学んで、通信技術をモノにしよう。一方、大変便利な道具であるコンピュータは0か1の数字で情報を処理しています。私たちがコンピュータを便利に利用できるのは、使い手が必要な情報をコンピュータに伝えるためのマウスやキーボードがあるからです。コンピュータが処理した内容を私たちが理解ができるのは、ディスプレイなどの表示装置があるからです。これら人間とコンピュータ間の情報のやりとりを行う装置や、これらを操作するための回路について学び、情報・通信に必要なハードウェア技術をモノにしよう。

IC技術や光先端技術をモノにする。

最先端のデバイス技術を習得

1. 青色発光ダイオードが開発され、毎年恒例のクリスマスイルミネーションの雰囲気がここ数年で変わってきました。発光ダイオードは電球に比べて消費電力や発熱が少ないため、木々や環境に与える影響が少ないことで知られています。このように、新しい発光技術の開発により、省エネルギーや環境に優しい光を手に入れることができます。本コースで最先端の新型レーザ発光や発光ダイオードの開発技術を学んで、光先端技術をモノにしよう。

2. 現在の人間生活には電化製品が必要不可欠。最近の電化製品は小型軽量化が進んでいますが、これはICやLSIなどの電子部品がコンパクトにできているから可能なのです。また、宇宙環境や車載など、劣悪な環境に耐えることができるICやLSIの開発も望まれています。本学科には、極めてきれいな空気環境に保たれたクリーンルーム設備があり、ICやLSIを実習で作ることができる環境が整っています。センサや電子デバイスの基礎を学んで、IC、LSI技術をモノにしよう。

将来の進路

  • 半導体関連
  • 電気・電子機器部品関連
  • 電気計測関連
  • 家電・AV機器関連
  • 自動車関連
  • 精密機械関連
  • 光学機器関連
  • 情報機器・サービス関連
  • 医療用機器関連
  • ゲーム・アミューズ機器関連