グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 理工学部  > 電気電子工学科  > 電気電子工学科メンバーの声

電気電子工学科メンバーの声

静岡理工科大学・電気電子工学科を卒業し、現在企業で活躍している卒業生の皆さんの声を紹介します。

ヤマハ株式会社 カーパーツ事業部勤務 杉浦 翔さん(2005年3月卒業)

 私は現在,ヤマハ株式会社に勤務しています。
 私の所属するカーパーツ事業部は高級乗用車向けの内装部品(ウッドパネル)を製造しています。
 そうした中で,私は取引先との間の受発注,資材の調達から在庫管理,製品の配送まで総合管理するSCMグループに所属しており,進度管理,生産計画の立案,工程及び外注のトラブル対応,外注監査など多方面に渡って業務をしています。この業務は現場の作業者,外注及び客先の方と会話することが多く,勤務してから幅広い層に渡る人脈が出来ました。
 SCMグループに携わって2年目ですがこのようなやり甲斐のある業務また,機会を下さったことを感謝しています。

ローランドディージー株式会社 勤務 増田 智美さん(2002年3月大学院修了)

 私は現在ハードウェア(基板)設計のをしています。
 さまざまな電子部品を使って,目的となる機能を実現できるような回路を設計し基板を作成する事が主な業務です。
 電子部品の中にはCPUなどもあり,プログラミングなどを行うこともあります。
 特に私はサーボモータコントロールをやっていることもありプログラミングの時間の方が長いです。

アスモ株式会社 勤務 市川 幸太さん(2001年3月卒業)

 私の勤めるアスモ㈱では、主に自動車用小型モータの開発・製造を行っています。
 現在の私の仕事は、モータを制御する回路の開発・設計です。
 自動車の仕様通りにモータを動かすための新しい制御方法の開発、試作品の設計・評価、時には実際の自動車に搭載しての実験と様々なことを行っています。
 苦労して作製した回路が搭載された自動車を街中などで見かけると、嬉しくなると共にとてもやりがいがある仕事だと感じることができます。
この様な仕事をする中で、在学中に学んだ「電気・電子の知識」及び「実験での経験」がとても役に立っており、また大切であると実感しています。

三宅 雅人さん(1998年3月卒業)

 大学生活をしていたのがつい昨日のように感じるのは,私が研究職に就いているからかも知れません。
 静岡理工科大学卒業後,奈良先端大に進学し,修士・博士号を修得しました。
 その後,英国ケンブリッジ大学にて研究員として2年半勤務し,現在,サムコ(株)にて半導体装置の研究・開発業務を行なっています。
 今日より明日へと人間的に成長したいと常に上昇指向を持ち続ける事ができるようになったのは,これまで良き友,師,環境に恵まれたお陰だと感謝しております。

オーエスジー株式会社 転造工具・ゲージ設計グループ 勤務 近藤 明子さん(2005年3月卒業)

 私はオーエスジー株式会社で転造工具の設計をしています。
 転造とは金属に力を加えて形を変えることです。たとえば「おねじ」はこの方法でできています。ねじの種類はとても多くありますし,お客様の機械や使い方に合わせて多様な転造工具が必要です。私は毎日そういったニーズにあった転造工具を設計しています。
 入社して2年目に入り,今は女性の先輩方と3人で業務改善の仕事もしています。もっと仕事をやりやすくする方法を考え,実践していくことが求められています。

日星電気㈱ 勤務 宇野 真殊さん(2002年3月卒業)

 私はノート型パソコンに内蔵される無線通信アンテナ用同軸ケーブルの開発に携わっています。
 入社から1年経過し,職場にも慣れた頃,米国大手パソコンメーカーの新型機種に搭載する商品の開発という重要な仕事を任されました。お客様の要求はとても厳しく,何度と失敗を繰返しましたが,2年後ついにスペックインする事が出来ました。
 これは,当社の社風の『失敗を恐れず,果敢にチャレンジ』に見合う体験であり,最近では手掛けた開発品が搭載されたパソコンを見掛けると,自分の仕事に誇りさえ感じるようになりました。
 これが開発業務の醍醐味だと思います。