グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 理工学部  > 物質生命科学科

物質生命科学科

物質生命科学科では、化学を中心として機能性材料、生体材料、遺伝子、そして食品などの基礎を、講義だけでなく少人数での実験や演習などで実践的に修得します。さらに、環境新素材として注目されている太陽電池材料、磁性材料、触媒材料や、バイオ・食品分野で扱われる遺伝子、微生物、タンパク質などの専門的な知識と分析技術を身につけ、バイオテクノロジー、食品化学、環境問題、エネルギー問題について理解・分析し、明るい未来を創造できるような人材を育成します。

バイオ・食品の基礎と応用となる生化学、食品化学、バイオテクノロジー、微生物などの専門科目を学びます。実験科目では、酵素、微生物、遺伝子の取扱や分析技術、食品機能や食品保存などの技術を身につけ、食品・医薬品・環境・バイオ関連の分野への就職・進学をサポートします。


環境問題やエネルギー問題について、機能性材料や新素材の視点から化学的・物理的な考え方を学びます。環境計量士、危険物取扱者、毒劇物取扱者などの資格取得を目指し、これらの資格やコースで学んだ知識を生かした材料開発・製造や環境技術分野への就職・進学をサポートします。


物質生命科学科卒業生の主な進路先を紹介します。


物質生命科学科の教員と研究室を紹介します。


物質生命科学科のメンバーの声を紹介します。