グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 理工学部  > 物質生命科学科  > バイオ食品化学コース

バイオ食品化学コース

いのちとくらし、環境を総合科学

我々が日々口にしている「食」とはなんでしょう?生命を正常に動かすためのエネルギー・材料の補給であると言えます。ヒトは全ての栄養素を自分自身の体で作り出すことはできません。エネルギーや体を構築する材料を外から取り込む必要が有るのです。植物、動物などが生み出した各種の物質(有機物・無機物)を取り込むことで、ヒトは恒常性を維持しています。バイオ食品化学コースでは、生命を原子・分子・遺伝子レベルから食品と健康にアプローチし、生体反応を制御している物質を食品の安全性という観点から学びます。また、生命の力を利用した有用物質の生産、微生物による環境浄化等々も広く学べるよう、

(1)食品バイオ(健康と機能性・食品の関係)
(2)環境バイオ(微生物で環境浄化)
(3)グリーン化学(環境に優しい物質変換)

の3つの分野があります。
21世紀の「食の安全と健康」をリードするコースです。

コースの特徴

基礎からじっくり

基礎からじっくり

本コースでは生命を原子・分子・遺伝子レベルで科学して、基礎力を身につけ、食品と健康、環境問題ヘアプローチして行きます。何よりも重視するのは実験です。1年後半より「理工学基礎実験」、「環境分析実験」、「物質生命科学実験」、「生命化学実験1、2」などの少人数による実験を通して、学生が主体的に体験できるプログラムになっています。そのことにより命と暮らし、環境を総合科学する応用力を身につけます。

最先端の食品・環境バイオを体感

最先端の食品・環境バイオを体感

本コースの教員が開発・実用化したバイオや食品、環境分野のさまざまな技術があります。「遺伝子工学」や「応用微生物学」などの講義ではそれら最先端の科学技術を、実験も織り交ぜながらわかりやすく詳細に指導します。また各自のノートパソコンをネットワークに接続し、学内のホームページ上で講義の教材を閲覧・ダウンロードしたり、テストを受けたり、さらには学外の国際的なバイオサイトで実際にデータ処理を体験してもらう課題をおこなったりと、最先端の科学技術を自分の血となり肉となるよう指導します。

将来の進路

  • 食料品関連
  • 化学関連
  • 医薬品関連
  • 環境関連
  • 農産物関連
  • 水産・漁業関連
  • 研究機関
  • 繊維関連
  • 本学大学院
  • 他大学大学院

>>主な進路先はこちら