グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 理工学部  > 物質生命科学科  > 環境新素材コース

環境新素材コース

環境問題・エネルギー問題の改善
に貢献する技術者を育成

環境新素材コースは、私たち身の回りにある様々な物質に関する基礎的教育と、それら材料の環境問題における役割を意識した教育プログラムを組んでいます。物質を見るしっかりとした基礎を築くために、まず、物質の構造とその性質などを幅広く学び、その基礎教育の上に、多くの応用分野をもつ半導体,誘電体、磁性体、あるいは触媒材料などについて専門的に学べるコース内容となっています。さらに、物質生命科学科の1コースである利点を生かして、生命との関係、すなわち、環境問題やバイオマテリアルについても講義や実験を通して幅広い知識が得られるよう配慮されています。卒業後は素材メーカーや化学工業などの技術者や大学院進学など様々な分野で活躍しています。

コースの特徴

少人数教育による”理解させ、手を動かする教育”の実現。

「モノを創る・測る・役立てる」

重要な科目には、科目ごとの少人数クラスによる演習により、「理解させる教育」を目指します。さらに、選択性の少人数上級コースを用意して、高度な内容も丁寧に指導するシステムをとっています。また、環境関連のテーマを含む多くの実験科目により、低学年から卒業研究まで、実際に「手を動かし、頭を働かせる教育」にも力を入れています。意欲ある学生を育成し、企業の有能な技術開発者、さらに研究開発者を養成できる教育を目標としています。

優れた学習環境。

基礎から応用までの活きた
実力を養成

コース内の各教育科目には、エネルギー新素材・環境新素材を研究している教員が配置され、授業から卒業研究、さらに大学院教育まで連続した指導が受けられるような体制が組まれています。また、実験科目では本学機器センターに設置された最先端の優れた研究機器を利用した実験もあり、意欲ある学生であれば、多くの有益な教育、指導を受けられるように配慮されています。

将来の進路

  • 化学関連
  • 繊維関連
  • 農業関連
  • 研究機関
  • 環境関連
  • 本学大学院
  • 他大学大学院

>>主な進路先は