グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 理工学部  > 建築学科  > 学科概要・教育目標

学科概要・教育目標

学科概要

 建築学科は多くの技術をつなぎ合わせて、建物を造っていきます。この建物を造る行為には、デザインから最新のテクノロジーまで多くの分野の知識が必要です。そのため、インテリアデザインから地域防災学まで全般的に幅広く学びます。
当学科では、大きく分けて3つの分野を設けています。「建築計画・建築デザイン分野」では建築計画・意匠について新しいプロセスやアプローチ、または手法を立案してゆきます。「建築構造・材料分野」では、新しい構造や材料を用いた建物の耐震設計法の提案や部材評価法の立案を行ないます。「建築環境・設備分野」では、新しい建築設備の在り方の提案や建築分野のエネルギー問題の解決法の立案を行ないます。

教育目標

 建築は様々な分野を広く学習することから始まります。様々な材料を組み合わせて1つの建物を作るので、分野にとらわれず幅広く学びます。目標の1つである建築士受験に必要な単位も全分野から取得することになっています。3年生時に3分野のいずれかに属することとなります。「建築計画・建築デザイン分野」では、よい建築をつくるために、建物に求められている機能を把握し、それに見合った空間のスケールを算出し、それを図面で表現するための作図法やプレゼンテーション技法を具体的に学びます。また学生設計競技に積極的に参加します。「建築構造・材料分野」では、人命や財産などを、地震、津波、台風などから守るための、建物構造の基礎や応用知識を学習し、建物の設計や施工に活用できる技術や建築の構造面からの課題を解決できる能力を身につけることを目的とします。具体的な構造部材の耐震実験や解析も行ないます。「建築環境・設備分野」では、地域や建築空間において、人々が幸福に満ちた快適な暮らしができることを願い、建築環境の側面から必要となる方策を探求することを目的とします。太陽を中心とした自然の光や熱の仕組み、対流等の空気の流れなどを理解し、快適に過ごすための建物形状や設えを学びます。実際の建物の温度や風量等の環境に関しての計測や解析を行ないます。