グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 理工学部  > 建築学科  > 主なカリキュラム

主なカリキュラム

推奨履修モデル:建築構造・材料分野

このモデルが目指すもの

 人命や財産などを、地震、津波、台風などから守るための建物の構造の基礎および応用知識を学習し、建物の設計や施工に活用できる技術や建築の構造面からの課題を解決できる能力を身につけることを目的とします。
一級建築士、二級建築士、建築施工管理技士などの関連資格取得も目指します。

将来の活躍ステージ

建築構造をベースとした幅広い知識を活用した、設計技術者(建築士)や施工技術者(施工管理技士)として様々な建築関連企業で活躍できます。また建物の評価を行う公務員、建築材料メーカーの開発員、各企業の営繕、建物保守関連技術者など幅広い活躍場所があります。大学院に進学いただき更に深い知識を得て、構造設計士や構造研究者になることも可能です。

履修モデルの科目

 この分野で履修することを勧める科目を下表に示します。なお、卒業のためには、ここに示す以外の科目も履修する必要があるので、注意してください。

推奨履修モデル:建築環境・設備分野

このモデルが目指すもの

  地域や建築空間において、人々が幸福に満ちた快適な暮らしができることを願い、建築環境の側面から必要となる方策を探求することを目的とします。太陽を中心とした自然の光や熱の仕組み、対流等の空気の流れなどを理解し、快適に過ごすための建物形状や設え、建築設備の在り方を学びます。また、地域そして地球環境に及ぼす建築分野のエネルギー問題を学びます。
一級建築士、二級建築士、建築施工管理技士、照明コンサルタントなどの関連資格取得も目指します。

将来の活躍ステージ

 環境工学に基づく専門知識を活用し、設計技術者や施工技術者として様々な建築関連企業はもちろん、エネルギー会社の建築部門や光のデザインを専門とする照明デザイナー、更には、設備システムや機器類の設計・施工・管理運営の技術者など、多種多様な活躍の場所があり得ます。大学院で、環境工学やデザインに対する、更なる習熟を深めることも可能です。

履修モデルの科目

 この分野で履修することを勧める科目を下表に示します。なお、卒業のためには、ここに示す以外の科目も履修する必要があるので、注意してください。