静岡理工科大学 研究室紹介
金属材料工学研究室
藤原弘 教授
「二律背反の性能を同時に有する材料を開発しよう」
金属材料の微細組織を制御して、二律背反の特性を同時に有するような材料開発を研究しています。例えば、高強度でありながら高延性を有する材料、耐摩耗性が高くても高変形能を有する材料、また熱伝導率が高くても低熱膨張率の特性を発揮する材料などの材料開発を行っています。このような高性能材料は粉末冶金技術を用いて作製しており、様々な金属粉末に加工処理や複合化処理を行い、それらを焼結することにより高性能材料を生み出します。
画像

複合調和組織材料の電子顕微鏡写真

略歴
1999年 立命館大学理工学研究科総合理工学専攻博士後期課程修了
1999年 高知工科大学工学部物質・環境システム工学科助手
2005年 立命館大学理工学部非常勤講師
2007年 立命館大学総合理工学院企画課助手
2008年 立命館大学グローバル・イノベーション研究機構研究員
2011年 同志社大学理工学部機械システム工学科准教授
2016年 現職
閉じる