静岡理工科大学 研究室紹介
メカトロニクス研究室
飛田和輝 准教授
「はかる」を基盤として社会の役に立つロボット、センサを創り出す
ロボットなどメカトロニクスシステムは、周囲や自分の状況を調べるセンサ、センサの情報を認識・判断するコンピュータ、判断結果に基づき動きを作り出すアクチュエータから構成され、それらをインテグレーションすることで成立します。速度や位置、障害物までの距離など「はかる」ことは機械に知性を与えます。 対象によって何を「はかる」ことが大事か考え、福祉分野での車椅子誘導ロボット、産業分野でのロボットハンドなど、人の生活・作業支援に資する研究にチャレンジします。
画像
 
略歴
2002年 電気通信大学大学院 電気通信学研究科 博士後期課程修了
2002年 電気通信大学サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリ研究員 2004年 日本精工株式会社に入社、総合研究開発センター メカトロ技術研究所に配属
2012-2014年 電気通信大学 非常勤講師(兼任)
2015-2017年 自治医科大学 客員研究員(兼任)
2018年 現職
閉じる