研究テーマの要旨

人間の働き方・生き方を考えるという問題関心を背景として、職業と労働を主に研究しています。 働くことは経済活動にとどまらず、生きる営みであり、社会を形成する営みでもあります。そこで、 生活構造や人生過程に関連づけ、職業労働も非職業労働も含めて、労働の実態も意識も含めて、働く こと全般を追究しています。 また、働き方・生き方を考えるとき、社会における理念的な価値が深く結びついてきます。そこで 生得的な属性が問題となるジェンダーとエイジングに関連づけて、働き方・生き方の具体的な課題を 追究しています。 したががって私の研究領域は、職業・労働、生活構造、ジェンダーとエイジング、社会意識に当た ります。近年は、社会における労働の価値・意味と、中高年の働き方・生き方に重点を置いています 。


[ページの先頭へ戻る]