本文へスキップ

法多山尊永寺
タイトル背景

法多山尊永寺(はったさん そんえいじ)
袋井市にある法多山尊永寺(以下法多山)は遠州三山の1つです。厄除け観音として有名で厄除団子が名物です。静岡理工科大学から車で約5分程度と、隣の山という感じの場所にあります。
また、自然が多く桜や紅葉の名所としても知られています。比較的緩やかな傾斜なので子供やお年寄りでも十分上りきることができます。仁王門の裏にレンタルの杖もあるので安心です。

法多山の名物である厄除団子は第十三代将軍徳川家定によって「くし団子」と命名されたと言われています。この厄除団子、境内でしか買えないと思われがちですが、実は法多山に向かう途中の道路沿いで購入することができます。団子を作っている工場があり、そこで直売をしているのです。ですから、団子だけ欲しいという方は境内まで行く必要は実はないです。

御参りにあまり行けないという人は月に一度ある「功徳日」に参拝するのはどうでしょうか。功徳日とはその日に参拝すれば、数十日から数千日分の御利益があるとされる日のことです。特にすごいのは7月10日で実に四万六千日分の御利益があるとされています。
この日は「万灯祭」というものが行われ、数百の灯りが夜の法多山を幻想的にみせてくれます。
また、芸人さんが来てトークショーなども行われます。

法多山は季節によって様々な顔を見せてくれます。紅葉であったり蛍であったり。そのなかで特におすすめなのが桜です。参拝路を歩いていく間桜が私たちの目を楽しませてくれます。そんなお昼の桜もいいですが、もっと綺麗なのは夜のライトアップされた桜です。暗く静かな境内の中で光を当てられた桜は本当に幻想的で見た人を感動させてくれるでしょう。

皆さんのんびりとお団子でも嗜みに訪れてはいかがでしょうか。
法多山の本堂
法多山の紅葉











法多山の公式サイトはこちら

法多山写真倉庫



大学ロゴ