本文へスキップ

2016/10/31 -News-
タイトル背景

どうも、HP委員の長谷川です。
今日は8月17日日に行われた高大一貫体験講座について記事を書いていきます!

高大一貫体験講座とは



高大一貫体験講座とは、静か理工科大学系列静岡北高等学校、静岡清涼高等学校の高校の生徒を招いて行う体験授業の事です。

研究室のメンバーが高校生に対して、プログラミングなどについて指導します。

この時に高校生に指導していたのは伊藤君です。

体験講座の内容



どんなことをやったかというと、Javaを利用してネットショップを作りました。

自分たち人間情報デザイン学科の学生も、実験で似たようなことをやったことがあります。

JSPというHTML内にJavaのコードを埋め込んでおき、Webサーバで動的にWebページを生成してクライアントに返す技術を利用したそうです。

自分が高校生の頃はこういったことは全くしませんでしたね。ほんの少しだけHTMLをかじった程度でしょうか?

というかそもそもJavaなんて聞いたことあるくらいでプログラミング言語の意味も分かってなかったような……



情報実験で3年生に指導していた経験を活かす伊藤君



高校生のみなさんも真剣になって取り組んでします。

普段触る事のないもので画像を動かしたり、ページを作成する事はとても難しいことだと思います。

ただこうして実際に学ぶだけでも、大きな経験になると思います。

皆さんも興味があったら少し調べてみてください。




大学ロゴ