本文へスキップ

2016/11/7 -News-
タイトル背景

夜の12時を回りました。夜風がつめたいですね。



今回は後期初の徹夜作業です。こんばんは、小山です。

後期になると大学生活もそろそろおしまいだなぁ…と感じるようになりますね。

寂しい気持ちと共に冬を迎える…ううむ、詩的ですなぁ(迫真)。

さて、それに伴って余計に忙しくなるのが4年の後期です。

具体的には、これまでほったらかしだった場合は卒業研究が、まだ終わっていない人は就職活動が、尻尾に火をつけたようにスパートをかけなくてはなりません。

そんな今夜は、卒業研究に根を詰める長谷川くんの姿を目撃したので、後を追ってみようと思います。



「こんばんは」

一度睡眠を挟み元気になった長谷川くん。

まだまだ夜はこれからです。



写真はパワーポイントで卒研のプレゼンを作成しているところです。

画面には「背景」と書かれていますね。

これから研究を始める3年生たちは、後期の末に僕たちの研究成果を見てもらうことになるわけですが、この時に使われるのがこのスライド資料です。

この中に、自分が研究した「テーマ」、その「目的」や「課題」、実際の「解決策」や「考察」などを踏まえ、なにより「見やすい形」で説明していかなければなりません。

結局のところ、頑張ったことを評価するのは自分たちではなく教授側ですし、それをアピールするためにもスライドの完成度や説明の理解のしやすさは重要になってきます。

(先日、発表時間を10分、5分でまとめて説明する機会がありました。わかり易く説明するにはどこを省略すればいいか、時間内にちゃんと言いたいことを言えるかですごく苦労し、練習が必要だと実感しました。。。)

長谷川くんも、いよいよ研究が軌道に乗るといったところです。

僕も含め、まだまだ研究は続きますが、それぞれやり残したことのないよう、無理のない範囲で(重要)研究を進めていこうと思います。

P.S.

3年生も、そろそろどんな研究をしようか、4年生の研究で興味を持ったモノがあるか、漠然とイメージを始めるといいかもしれませんね。

僕の場合、研究したい内容が右往左往した結果、7月に本筋を固めたタイプです(笑)。

やりたいことと研究が一致しなかったり、悩むことも多くあるのが卒業研究です。やりたいことをするために、今から知識をつけることも大切です。

既にこの一年で多くを経験した4年生たちなので、もしかしたらタメになる話が聞けるかもしれません。

よかったら、研究室まで遊びに来てください\(^o^)/




大学ロゴ