本文へスキップ

2017/4/19 -News-
タイトル背景

遅ればせながら2月9日に行われた静大合同ゼミについてです。
詳しくは、静岡大学・浜松キャンパスの峰野研究室と静岡理工科大学・工藤研究室の合同ゼミです。

参加された峰野研究室の人は修士の方から3年生の方まで幅広く多くの人がいました。
工藤研究室からは今年卒業された伊藤さんと、長澤さんのお二人と工藤先生、見学させていただいた川中の4人の参加です。
私は参加したときは3年生でしたが、他大学の研究はどのようなことを行っているのか知りたくて、同伴させていただきました。



↑こちらは伊藤さんの発表です。



↑こちらは長澤さんの発表です。

このときはまだ卒業研究発表会の前でありましたが、先輩の方々も他大学の人の前でも堂々と発表されていて、スゴいなと思いました。
発表後の質疑応答では、自分では考えつかなかった質問とか様々な視点から、多くの質問が飛び交い
それに答える先輩の対応などもよく準備されていると感じました。

その後、峰野研究室の方の発表でした。
峰野研究室の発表では一人一人の発表が濃く、まだ説明についてくだけで精一杯で、私は質疑応答では殆ど参加できずに終わり、
この時にもっと質問する力も伸ばしていく必要があるとあためて考えました。


今回の合同ゼミには当時3年生は私だけの参加でしたが、とても有意義な経験になりました。
他大学の研究発表を知ることができて、とても刺激になった反面、4月からの研究にも真剣に向かうべきだと感じたとともに、
早いうちから研究を進めていかないといけないなと強く思いました。

4月-6月ぐらいまでは就職活動等で忙しいですが、卒業研究も並行して頑張っていきたいですね。



大学ロゴ