本文へスキップ

2017/5/9 -News-
タイトル背景


こんにちは。川中です。
そろそろ3年生の研究室配属も近づいてきていますね。
なので、4年生各々が卒業研究について書いていきます

3年生は研究室配属の選択の参考にしてもらって、その他の方もどんなことをやっているのか知ってもらえればと思います!

私の卒業研究のテーマは「位置情報」です。
位置情報って言われて何をやるのかピントこない人も多いと思うのでもう少し詳しく説明しますね

Google Mapは多くの方が使用されていると思いますが、屋外情報は手に入れやすくても屋内情報はわかりにくいことが多いと思います。
GPSの精度も上がってきてはいますが、地下だと使用できませんよね
そんな時にBeaconを使用して現在地を把握できる近距離での位置情報をうまく有効活用できないのかというのが研究予定の大まかな考えです。

Beaconってなんだって人が多いかもしれないので、そんな方はこちらの記事を読んで下さい。(BeaconLaboの記事へ飛びます。)

Beaconを使用するってことは分かったけど、実際卒業研究ってどんな感じで進めるの?という疑問もあると思います。
なので、自分の卒業研究について少し説明すると

課題として、大学一年生など大学にまだ慣れていない方だと○○先生の研究室に用があって訪問したいって言う時に
どこに教室があってどの部屋がどの先生の研究室か分からないことがあると思います。
また、4年生でも他学部の先生の研究室は殆ど分からないことがありますが、それを解決するシステムを作り上げて比較検討をすることが私の研究です。

予定としてはGoogle Mapのインドアマップという機能があるのでそれを使用した際と
BeaconやWi-Fiなどの電波情報を受け取って位置情報を示すシステムを制作して使用した時
そして何も情報がない状態で教室を探す時
で人の行動に変化があるのか、システムとしてはどうなのかを考えていきます。




上図はGoogle Mapの東京駅ですが、遠くだと構内はわからないけれども近づいていくと詳細な地図を表示できます
こんな感じで近距離位置情報を利用できる新しいシステムを制作していければと思っています。



大学ロゴ