本文へスキップ

2017/6/2 -News-
タイトル背景

学生の授業フォローについて紹介です!

情報デザイン実験について



情報学部には、3年前期の科目に情報デザイン実験という科目があります。

この科目では、情報デザイン学科の学生を対象に各研究室に分かれてそれぞれの先生方のテーマに沿った実験を行うというものです。
授業時間は3コマ連続なのでちょっと長いですね。
授業は、各テーマ2周ずつ実施するため、ここで今後4年次の研究室のイメージを掴むことができるはず。。。です

さて、工藤研の実験のテーマは「ネットショップにおけるシステム運用実験」です。
簡単に言ってしまうと、仮想のネットショップを作って、データの挿入後ブラウザで表示させる感じです。

授業では簡単なSQLやHTML、Javaなどを使うため、そのあたりを学んでいないと難しいところもあるかもしれないのですが、
実際に自分で動かしてみることで、プログラミングの楽しさも感じれるのかなと思います。

また、意外と苦戦する人も多いので、そこで先生のお手伝いとして研究室の学生がアシスタントをするのが、学生の授業フォローになります。



一度の受講人数としてはそんなに多くはないですが、上の画像のようにアシスタントの学生と先生で分からないところを教えつつ、授業を進めています。

達成目標としては「データベースを活用した経営情報システムを対象に、簡単なプログラミングができること。」となっているので、是非プログラミングを習得して終わってほしいですね


大学ロゴ