本文へスキップ

2018/12/19 -News-
タイトル背景

この記事は4年生の卒研中間発表を聞いてみての感想記事になります。 11月28日は4年生の卒研中間発表がありました。
初めて先輩たちから発表を受けて質問する内容を考えて、受け手なのにこんなに考えることがいっぱいとは思いませんでした。
下が先輩たちの発表内容になります。

A

この写真では菊川先輩が顔認証を用いての入退室管理について発表してくれました。
この発表での感想はタイムカードがなくなるのは楽そうですがカメラをどこに置くのか、おいてシステムが出入りの時に出たのを入る、入ったのに出ると認識しないかといった課題がありそれをこれからどうするのだろうと思いました。
A

この写真では笹瀬先輩が類似画像検出の提案とテーマで発表しました。 この発表でヒストグラムと特徴点検出の2種類を用いて摘出するらしいのですが全く関係ない写真でも同じ写真家気づきを与えてくれそうでいいと思いました、しかし膨大な数がファイルに入ったら大変だと思いました。
A

この写真では曽布川先輩がタブレットを用いた出荷管理システムの提案のテーマで発表しました。 感想としては実現したら企業をご発注とかが減りそうで楽できそうなのですが、タブレットを持ってない企業や機会に疎い企業はどうするか気になりました。
A

この写真では滝本先輩が3DCG技術を応用した訓練データ自動作成というテーマの発表を聞きました。 この発表では、訓練データで精度は上げるために訓練データをPythonで作るのはすごいと思いました。 まとめこの卒研発表は中間なので問題の穴という穴を突かれるので来年の僕は不安に少しなりました。


大学ロゴ