本文へスキップ

2019年9月19日 -News-
タイトル背景

こんにちは、第2回就活の話になります。
今回は履歴書・エントリーシートの経験談になります。

アルバイトのために履歴書を書いたことがある方はいると思います。就活活動における履歴書・エントリーシートは、経歴や熱意等をアピールするために非常に重要なものです。
最近はOPEN_ES(オンライン上でエントリーシートを提出するサービス)が登場していたりと多様化しています。
今回はこれらを書く上でのポイントの話をしていきます。

ポイント①
・大学生活において「学業以外で力を入れた事」のネタを作っておこう!
履歴書にはほぼ確実に「学業以外で力を入れた事」という項目があります。理工科大の学生はここに書くネタがない人が多いそうです。(キャリア支援課談)そのため、サークル活動やボランティア活動、インターンシップなどは積極的にこなしていくことを推奨です。

ポイント②
・書く前に志望企業のホームページ等で「求める人材」の情報をよく確認しよう!
例えば「積極的な人材」を求める企業だった場合、自分の積極的な姿勢をアピールできるエピソードを書ければ効果的です。ここでもポイント①の活動が活きるかも?

ポイント③
・ウソは書かない
面接において履歴書やエントリーシートに書いたことについて質問されることがほとんどです。ウソを書いた場合、面接でボロを出す可能性があり危険です。


こんなところです。
ちなみに大学の本屋にて履歴書+封筒セットが販売されています。結構お買い得なので今後就職活動を始める方は覚えておきましょう。


大学ロゴ