Applet クラス

[内容]

  アプレットを生成するためのクラスです.Panel のサブクラスであり,Panel とほとんど同じメソッドを使用できます.デフォルトレイアウトは,FlowLayout です.

[主なメソッド]

[使用例]

  1. 基本的な Applet 生成例です.HTML ファイルからパラメータを受け取り,小さな子 Window を生成しています.init,start の各メソッドの使用例ともなっています.ここをクリックして表示してみてください.

      Web ページに貼り付けるには,以下に示してあるように,OBJECT 要素を使用します.この例においては,クラスファイル( Applet_e1.class )が,HTML ファイルが存在するディレクトリの下にある applet というディレクトリにあるものとしています.HTML ファイルとクラスファイルが同じディレクトリにある場合は,3 行目は必要ありません.
    <object type="application/x-java-applet" width="600" height="400">
    	<param name="code" value="Applet_e1.class">
    	<param name="codebase" value="applet/" >
    </object>
    				

      一般に,プログラムが大きくなると多くのクラスファイルが生成されます.そのため,プログラムをダウンロードするのに時間がかかるようになります.そこで,Java では,jar コマンドを使用して,複数のファイルを圧縮しながら 1 つのファイルにまとめることができます.jar コマンドの一般形式は以下に示す通りであり,クラスファイルだけでなく,画像等のファイルを含めることも可能です.
    jar [オプション] JARファイル [マニフェストファイル] [圧縮するファイル ・・・]

    例えば,
    jar cvf Example.jar *.class

    のようにして作成された jar ファイルをアプレットで利用する場合は,以下のようになります.
    <object type="application/x-java-applet" width="600" height="400">
    	<param name="codebase" value="applet/" >
    	<param name="archive" value="Example.jar" >
    	<param name="code" value="Applet_e1" >
    </object>
    				

[参照]

Panel, Toolkit, JApplet

菅沼ホーム 本文目次 演習問題解答例 付録目次 索引