javax.swing.Timer クラス

[内容]

  一定時間毎に,何らかの行動を行いたい場合に使用するクラスです.java.util.Timer も参考にしてください.

[コンストラクタ]

[主なメソッド]

[使用例]

  1. プログラム例は,JProgressBar クラスの使用例です.クラス Test では,100 ミリ秒ごとにカウンタを 1 ずつ増加させ,カウンタの値が 500 になった時点で終了するタスクを記述しています.Timer が 500 ミリ秒ごとに割り込み,その時点におけるカウンタの値をテキストエリアに表示し,かつ,JProgressBar にその値を設定し,現在の進捗状況がわかるようになっています.ここをクリックするとアプレット版が表示されます.

  2. 上の例では,タイマーとして,javax.swing.Timer を使用しましたが,この例では,java.util.Timer を使用しています.得られた結果はほとんど同じですが,スクロールバーの動きが異なります.ここをクリックするとアプレット版が表示されます.

[参照]

ProgressMonitor, JProgressBar, java.util.Timer, ActionListener, ActionEvent

菅沼ホーム 本文目次 演習問題解答例 付録目次 索引