静岡理工科大学 菅沼ホーム 本文目次 演習解答例 索引

付録目次

  ここでは,主として,C/C++ の標準関数,C++ 標準ライブラリと STL ( Standard Template Library ),若干の UNIX のコマンド,Java のクラスとメソッド等について解説します.C/C++ の関数と Java のメソッドの間に一対一の対応関係があるわけではありませんが,C/C++ の関数と同じような処理を行うメソッド等については,C/C++ の関数に対する説明内でも行っています.関数の内,「*」 や 「(Java)」 が付いているものはその中に Java の対応するメソッド等の説明が含まれていることを意味しています.

  Java のクラスとメソッドに関して本文内で十分な説明を行っていませんでしたので,この付録の中で,使用例によって少し詳しく説明していきます.ただし,すべてのクラスやメソッドを含んでいるわけではありません.私の主観で適当に選択していますので注意してください.

  1. 関数&メソッド等
    1. 入出力関係
      1. ストリーム入出力
      2. 低水準入出力
    2. 数学関係の関数
    3. 乱数
    4. 時間関係の関数
    5. 文字・文字列関数
      1. 探索,コピー,結合等
      2. 文字・文字列から数字への変換または,その逆
      3. 文字の種類の判別と変換
    6. メモリ領域の確保
    7. バッファ関係
    8. ファイルとディレクトリ操作
    9. ネットワーク
    10. その他
  2. コマンド(主に,UNIX関係)
    1. ファイル
      1. 内容の表示
      2. ファイル比較,削除,コピー,修正
      3. ファイルの探索
      4. ファイルのモード,種類
      5. ディレクトリ
      6. その他
    2. エディタ関係
    3. コンパイラ関係
    4. リモートシステム
    5. その他
  3. Javaのクラスとメソッド
    1. java.lang パッケージ(基本)
    2. java.awt パッケージ(ユーザインタフェース)
        → AWT:図を使った目的別索引
    3. java.awt.event パッケージ(AWTイベント処理)
    4. javax.swing パッケージ(ユーザインタフェース)
        → Swing:図を使った目的別索引
    5. javax.swing.event パッケージ(swingイベント処理)
    6. java.applet パッケージ(アプレット)
    7. java.io パッケージ(入出力)
    8. java.net パッケージ(ネットワーク)
    9. java.sql パッケージ(JDBC:データベース)
    10. java.util パッケージ(その他)
  4. C++ 標準ライブラリと STL ( Standard Template Library )
    1. コンテナ
    2. アルゴリズム
      1. 系列が変化しないアルゴリズム
      2. 系列が変化するアルゴリズム
      3. ソート関係のアルゴリズム
      4. 数値関係のアルゴリズム

-------------------------------以下,実際の目次--------------------------------

  1. 関数

    1. 入出力関係

        入出力関係に対しては,C/C++ と Java の対応関係が難しいため,ここでは説明いたしません.Java のマニュアル,Java の入出力クラス,または,本文を参照してください.

      1. ストリーム入出力

      2. 低水準入出力

    2. 数学関係の関数

      注: UNIX の gcc において 「 math.h 」 を取り込むときは,コンパイル時に,「 -lm 」 のオプションが必要

    3. 乱数

    4. 時間関係の関数

    5. 文字・文字列関数

      1. 探索,コピー,結合等

      2. 文字・文字列から数字への変換または,その逆

      3. 文字の種類の判別と変換

    6. メモリ領域の確保

    7. バッファ関係

    8. ファイルとディレクトリ操作

    9. ネットワーク

        以下に示すネットワーク関連の関数に対しては,ネットワークプログラムの例を参考にしてください.また,各プログラムに関しては,「第 19 章 Network プログラミング」も参考にしてください.

      • accept:
        クライアントの接続要求に対して接続済みソケットを作成
      • bind:
        ソケットにローカルなプロトコルアドレスをバインド
      • connect:
        TCP クライアントと TCP サーバとのコネクションの確立
      • gethostbyaddr:
        IP アドレスからホストに関する情報の取得
      • gethostbyname:
        ホスト名からホストに関する情報の取得
      • getpeername:
        ソケットのリモートプロトコルアドレスを取得
      • getsockname:
        ソケットのローカルプロトコルアドレスを取得
      • htonl:
        ホストバイト順序 → ネットワークバイト順序( 32 ビット)
      • htons:
        ホストバイト順序 → ネットワークバイト順序( 16 ビット)
      • inet_ntoa:
        IPv4 アドレスをドット 10 進文字列へ変換
      • listen:
        ソケットを待ち受け状態へ変換
      • ntohl:
        ネットワークバイト順序 → ホストバイト順序( 32 ビット)
      • ntohs:
        ネットワークバイト順序 → ホストバイト順序( 16 ビット)
      • select:
        任意のディスクリプタを監視対象とする
      • socket:
        ソケットの作成

    10. その他

  2. コマンド(主に,UNIX関係)

    1. ファイル

      1. 内容の表示

      2. ファイル比較,削除,コピー,修正

      3. ファイルの探索

      4. ファイルのモード,種類

      5. ディレクトリ

      6. その他

    2. エディタ関係

    3. コンパイラ関係

    4. リモートシステム

    5. その他

  3. Javaのクラスとメソッド

    1. java.lang パッケージ(基本)

        Java の基本的なプログラムを書くために必要不可欠なクラス

      • Object:
        すべてのクラスの頂点となっているクラス
        • Boolean:
          Booleanデータの処理(java.lang.Objectのサブクラス,final,java.lang.Boolean)
        • Character:
          Charcterデータの処理(java.lang.Objectのサブクラス,final,java.lang.Character)
        • String:
          文字列データの処理(java.lang.Objectのサブクラス,final,java.lang.String)
        • StringBuffer:
          文字列データの処理(java.lang.Objectのサブクラス,final,java.lang.StringBuffer)
        • Math:
          数学関係メソッドの集まりであり,すべての変数・メソッドはstatic定義されている(java.lang.Objectのサブクラス,final,java.lang.Math)
        • Runtime:
          アプリケーションとアプリケーション実行環境とのインタフェース(java.lang.Objectのサブクラス,java.lang.Runtime)
        • System:
          標準入出力等,システム関係の有用なメソッドを含む.すべての変数・メソッドはstatic定義されている(java.lang.Objectのサブクラス,final,java.lang.System)
        • Thread:
          Javaにおける実行単位であるスレッドの制御(java.lang.Objectのサブクラス,java.lang.Thread)
        • Number:
          数値データを処理するByte,Double,Float,Integer,Long,Shortクラスのスーパークラス(java.lang.Objectのサブクラス,抽象クラス,java.lang.Number)
          • Byte:
            Byteデータの処理(java.lang.Numberのサブクラス,final,java.lang.Byte)
          • Double:
            Doubleデータの処理(java.lang.Numberのサブクラス,final,java.lang.Double)
          • Integer:
            Integerデータの処理(java.lang.Numberのサブクラス,final,java.lang.Integer)
          • Short:
            Shortデータの処理(java.lang.Numberのサブクラス,final,java.lang.Short)
        • DecimalFormat:
          10進数の書式指定(フォーマット)(java.lang.Object→java.text.Format→java.text.NumberFormatのサブクラス,java.text.DecimalFormat)
      • Cloneable:
        オブジェクトのコピー(インタフェース)
      • Runnable:
        スレッドの生成(インタフェース)

    2. java.awt パッケージ(ユーザインタフェース)  → AWT:図を使った目的別索引

        Window を生成し,ユーザーインタフェース用の各種コンポーメントを実装するためのクラス

      • Component:
        Window上における各種コンポーネントのスーパークラス(java.lang.Objectのサブクラス,抽象クラス,java.awt.Component)
        • Button:
          ボタン(java.awt.Componentのサブクラス,java.awt.Button)
        • Canvas:
          図を描く等,独自の機能を持つコンポーネント(java.awt.Componentのサブクラス,java.awt.Canvas)
        • Checkbox:
          チェックボックス(複数項目から複数選択)(java.awt.Componentのサブクラス,java.awt.Checkbox)
        • Choice:
          ドロップダウンリスト(矢印を押す→選択項目を表示)(java.awt.Componentのサブクラス,java.awt.Choice)
        • Label:
          ラベル(文字列を表示)(java.awt.Componentのサブクラス,java.awt.Label)
        • List:
          項目を縦に並べて選択(java.awt.Componentのサブクラス,java.awt.List)
        • Scrollbar:
          スクロールバー(java.awt.Componentのサブクラス,java.awt.Scrollbar)
        • TextComponent:
          テキスト編集ができるコンポーネントのスーパークラス(java.awt.Componentのサブクラス,java.awt.TextComponent)
          • TextArea:
            複数行にわたる文字列の編集と表示(java.awt.TextComponentのサブクラス,java.awt.TextArea)
          • TextField:
            1行の文字列の編集と表示(java.awt.TextComponentのサブクラス,java.awt.TextField)
        • Container:
          他のコンポーネントを入れるためのコンポーネント(java.awt.Componentのサブクラス,java.awt.Container)
          • Window:
            境界もメニューバーも持たないトップレベルのWindow(java.awt.Containerのサブクラス,java.awt.Window)
            • Dialog:
              タイトルと境界を持ったトップレベルのWindow(ダイアログボックス)(java.awt.Windowのサブクラス,java.awt.Dialog)
            • Frame:
              タイトルと境界を持ったトップレベルのWindow(java.awt.Windowのサブクラス,java.awt.Frame)
          • Panel:
            他のコンポーネントのコンテナ(java.awt.Containerのサブクラス,java.awt.Panel)
          • ScrollPane:
            自動的にコンポーネントへスクロールバーを貼り付ける(java.awt.Containerのサブクラス,java.awt.ScrollPane)
      • CheckboxGroup:
        ラジオボタン(複数項目から1つを選択)(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.CheckboxGroup)
      • MenuComponent:
        Window上におけるメニューバー関連のコンポーネントのスーパークラス(java.lang.Objectのサブクラス,抽象クラス,java.awt.MenuComponent)
        • MenuItem:
          メニューバーの各メニューが押されたときに現れるメニュー項目(java.awt.MenuComponentのサブクラス,java.awt.MenuItem)
          • CheckboxMenuItem:
            チェックボックス機能を持ったメニュー項目(java.awt.MenuItemのサブクラス,java.awt.CheckboxMenuItem)
          • Menu:
            メニューバーに付け加えられるメニュー(java.awt.MenuItemのサブクラス,java.awt.Menu)
            • PopupMenu:
              Windowの任意の場所に出現するポップアップメニュー(java.awt.Menuのサブクラス,java.awt.PopupMenu)
        • MenuBar:
          メニューバー(java.awt.MenuComponentのサブクラス,java.awt.MenuBar)
      • BorderLayout:
        コンテナを5つの領域(上,下,左,中,右)に分けて,コンポーネントを配置(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.BorderLayout)
      • CardLayout:
        同じ領域に複数のコンポーネントを重ねて配置(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.CardLayout)
      • FlowLayout:
        コンポーネントを可能な限り横1行に配置(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.FlowLayout)
      • GridBagLayout:
        格子状のセルにコンポーネントを柔軟に配置(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.GridBagLayout)
      • GridBagConstraints:
        GridBagLayout中のコンポーネント配置を指定(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.GridBagConstraints)
      • GridLayout:
        コンポーネントを格子状に配置(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.GridLayout)
      • Graphics:
        描画ツール(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.Graphics)
        • Graphics2D:
          高度な描画ツール(java.lang.Object→java.awt.Graphicsのサブクラス,java.awt.Graphics2D)
      • AffineTransform:
        二次元の座標を他の二次元の座標に変換(平行移動,拡大,縮小,反転,回転,変形)(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.geom.AffineTransform)
      • AffineTransformOp:
        二次元の座標を他の二次元の座標に変換(平行移動,拡大,縮小,反転,回転,変形)(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.image.AffineTransformOp)
      • ColorConvertOp:
        データの色変換をピクセル単位で実行(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.image.ColorConvertOp)
      • ConvolveOp:
        畳み込み演算の実行(ぼかし,エンボス,シャープ,エッジ)(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.image.ConvolveOp)
      • LookupOp:
        輝度の値を各階調ごとに細かく制御(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.image.LookupOp)
      • RescaleOp:
        輝度の調整(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.image.RescaleOp)
      • Image:
        グラフィカルイメージを表現するすべてのクラスのスーパークラス(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.Image)
        • BufferedImage:
          ピクセル単位でアクセス可能なイメージ(java.awt.Imageのサブクラス,java.awt.image.BufferedImage)
      • MemoryImageSource:
        配列を使って Image のピクセル値を生成する ImageProducer インタフェースを実装(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.image.MemoryImageSource)
      • PixelGrabber:
        イメージのピクセルのサブセットを抽出可能な ImageConsumer を実装(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.image.PixelGrabber)
      • MediaTracker:
        メディアオブジェクトの状態を監視(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.MediaTracker)
      • Point:
        2次元平面上の点(int)(java.lang.Object→java.awt.geom.Point2Dのサブクラス,java.awt.Point)
      • Polygon:
        多角形(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.Polygon)
      • Rectangle:
        長方形(java.lang.Object→java.awt.geom.RectangularShape→java.awt.geom.Rctangle2Dのサブクラス,java.awt.Rectangle)
      • Color:
        色の指定(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.Color)
      • Font:
        フォントの指定(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.Font)
      • FontMetrics:
        フォントに関する描画情報(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.FontMetrics)
      • Insets:
        コンテナ周辺のスペース制御(java.lang.Objectのサブクラス,java.awt.Insets)
      • Toolkit:
        AWTとマシン依存部分の間を埋める(java.lang.Objectのサブクラス,抽象クラス,java.awt.Toolkit)
      • AudioClip:
        サウンドクリップを再生するためのインタフェース
      • Shape:
        幾何学的な形を表すオブジェクトの定義を提供するためのインタフェース

    3. java.awt.event パッケージ(AWTイベント処理)

        イベント処理用のクラス

      • AWTEvent:
        コンポーネント上で起こるイベントオブジェクトに対するスーパークラス(java.lang.Object→java.util.EventObjectのサブクラス,抽象クラス,java.awt.AWTEvent)
      • ComponentEvent:
        コンポーネントの大きさの変更,移動,可視性変更(java.awt.AWTEventのサブクラス,java.awt.event.ComponentEvent)
        • FocusEvent:
          文字入力可能なコンポーネント内におけるキーボードフォーカスの変化(java.awt.event.ComponentEventのサブクラス,java.awt.event.FocusEvent)
        • InputEvent:
          入力イベントに対するスーパークラス(java.awt.event.ComponentEventのサブクラス,抽象クラス,java.awt.event.InputEvent)
          • KeyEvent:
            キー操作(java.awt.event.InputEventのサブクラス,java.awt.event.KeyEvent)
          • MouseEvent:
            マウス操作(java.awt.event.InputEventのサブクラス,java.awt.event.MouseEvent)
        • WindowEvent:
          Windowの開閉(java.awt.event.ComponentEventのサブクラス,java.awt.event.WindowEvent)
      • ActionEvent:
        ボタン,メニュー項目の選択,TextFieldにおける改行キーの入力(java.awt.AWTEventのサブクラス,java.awt.event.ActionEvent)
      • AdjustmentEvent:
        スクロールバーの値の変更等,コンポーネント固有の値の変化(java.awt.AWTEventのサブクラス,java.awt.event.AdjustmentEvent)
      • ItemEvent:
        チェックボックス,ラジオボタン,チョイスコントロール,リスト処理等,項目の状態変化(java.awt.AWTEventのサブクラス,java.awt.event.ItemEvent)
      • TextEvent:
        テキスト内容の変更(java.awt.AWTEventのサブクラス,java.awt.event.TextEvent)
      • ComponentListener(ComponentAdapter):
        ComponentEventを受け取ったとき(インタフェース)
      • FocusListener(FocusAdapter):
        FocusEventを受け取ったとき(インタフェース)
      • KeyListener(KeyAdapter):
        KeyEventを受け取ったとき(インタフェース)
      • MouseListener(MouseAdapter):
        MouseEventを受け取ったとき(インタフェース)
      • MouseMotionListener(MouseMotionAdapter):
        MouseEventを受け取ったとき(インタフェース)
      • WindowListener(WindowAdapter):
        WindowEventを受け取ったとき(インタフェース)
      • ActionListener:
        ActionEventを受け取ったとき(インタフェース)
      • AdjustmentListener:
        AdjustmentEventを受け取ったとき(インタフェース)
      • ItemListener:
        ItemEventを受け取ったとき(インタフェース)
      • TextListener:
        TextEventを受け取ったとき(インタフェース)

    4. javax.swing パッケージ(ユーザインタフェース)  → Swing:図を使った目的別索引

        Window を生成し,ユーザーインタフェース用の各種コンポーメントを実装するためのクラス(ピアを持たない軽量部品の集まり).

      • JApplet:
        アプレット生成用のスーパークラス(java.lang.Object→java.awt.Component→java.awt.Container→java.awt.Panel→java.awt.Appletのサブクラス,javax.swing.JApplet)
      • JComponent:
        Swingの多くのコンポーネントのスーパークラス(java.lang.Object→java.awt.Component→java.awt.Containerのサブクラス,javax.swing.JComponent)
        • AbstractButton:
          ボタン及びメニュー項目の共通機能の定義(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.AbstractButton)
          • JButton:
            ボタン(javax.swing.AbstructButtonのサブクラス,javax.swing.JButton)
          • JToggleButton:
            チェックボックスとラジオボタンのスーパークラス(javax.swing.AbstructButtonのサブクラス,javax.swing.JToggleButton)
            • JCheckBox:
              チェックボックス(javax.swing.JToggleButtonのサブクラス,javax.swing.JCheckBox)
            • JRadioButton:
              ラジオボタン(javax.swing.JToggleButtonのサブクラス,javax.swing.JRadioButton)
          • JMenuItem:
            メニューバーの各メニューが押されたときに現れるメニュー項目(javax.swing.AbstructButtonのサブクラス,javax.swing.JMenuItem)
            • JCheckBoxMenuItem:
              チェックボックス機能を持ったメニュー項目(javax.swing.JMenuItemのサブクラス,javax.swing.JCheckBoxMenuItem)
            • JMenu:
              メニューバーに付け加えられるメニュー(javax.swing.JMenuItemのサブクラス,javax.swing.JMenu)
            • JRadioButtonMenuItem:
              ラジオボタン機能を持ったメニュー項目(javax.swing.JMenuItemのサブクラス,javax.swing.JRadioButtonMenuItem)
        • JComboBox:
          ドロップダウンリスト(矢印を押す→選択項目を表示)(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JComboBox)
        • text.JTextComponent:
          テキストを扱うコンポーネントのスーパークラス(javax.swing.JComponentのサブクラス,抽象クラス,javax.swing.text.JTextComponent)
          • JTextField:
            1行の文字列の表示,編集(javax.swing.text.JTextComponentのサブクラス,javax.swing.JTextField)
            • JPasswordField:
              パスワードの処理(javax.swing.JTextFieldのサブクラス,javax.swing.JPasswordField)
          • JTextArea:
            複数行の文字列の表示,編集(javax.swing.text.JTextComponentのサブクラス,javax.swing.JTextArea)
        • JLabel:
          ラベル(文字列とアイコンイメージの表示)(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JLabel)
        • JList:
          項目を縦に並べて選択(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JList)
        • JMenuBar:
          メニューバー(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JMenuBar)
        • JOptionPane:
          ダイアログボックスの簡易作図(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JOptionPane)
        • JPanel:
          コンポーネントを入れるためのパネル(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JPanel)
        • JPopupMenu:
          Windowの任意の場所に出現するポップアップメニュー(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JPopupMenu)
        • JProgressBar:
          進捗状況の表示(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JProgressBar)
        • JScrollBar:
          スクロールバー(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JScrollBar)
        • JScrollPane:
          自動的にコンポーネントへスクロールバーを貼り付ける(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JScrollPane)
        • JSlider:
          メモリ付きスライダー(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JSlider)
        • JSplitPane:
          領域を2つに分割して表示(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JSplitPane)
        • JTabbedPane:
          重ねたコンポーネントにタブを付ける(タブペイン)(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JTabbedPane)
        • JTable:
          2次元データの表示と編集(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JTable)
        • JToolBar:
          ツールバーを表示(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JToolBar)
        • JTree:
          階層構造を持ったデータを木構造で表示,編集(javax.swing.JComponentのサブクラス,javax.swing.JTree)
      • AbstractAction:
        Actionインタフェース(ActionListenerインタフェースに対する拡張機能)のデフォルトの実装を提供(java.lang.Objectのサブクラス,抽象クラス,javax.swing.AbstractAction)
      • ImageIcon:
        画像を元にアイコンを生成(java.lang.Objectのサブクラス,javax.swing.ImageIcon)
      • ProgressMonitor:
        進捗状況を表示するダイアログ(java.lang.Objectのサブクラス,javax.swing.ProgressMonitor)
      • Timer:
        一定時間毎の処理の制御(java.lang.Objectのサブクラス,javax.swing.Timer)
      • BoxLayout:
        コンポーネントを縦,または,横に配置(java.lang.Objectのサブクラス,javax.swing.BoxLayout)
      • Box:
        BoxLayoutをデフォルトで持っているコンテナ(java.lang.Object→java.awt.Component→java.awt.Containerのサブクラス,javax.swing.Box)
      • JDialog:
        ダイアログボックス(java.lang.Object→java.awt.Component→java.awt.Container→java.awt.Window→java.awt.Dialogのサブクラス,javax.swing.JDialog)
      • JFrame:
        トップレベルのWindow(java.lang.Object→java.awt.Component→java.awt.Container→java.awt.Window→java.awt.Frameのサブクラス,javax.swing.JFrame)
      • ImageIO:
        イメージの入出力(java.lang.Objectのサブクラス,javax.imageio.ImageIO)

    5. javax.swing.event パッケージ(swingイベント処理)

        swing のイベント処理用のクラス

      • ChangeEvent:
        スライダー,タブペイン等の状態の変更(java.lang.Object→java.util.EventObjectのサブクラス,javax.swing.event.ChangeEvent)
      • ChangeListener:
        ChangeEventを受け取ったとき(インタフェース)
      • DocumentEvent:
        ドキュメントの変更(インタフェース)
      • DocumentListener:
        DocumentEventを受け取ったとき(インタフェース)
      • ListSelectionEvent:
        JList等の選択項目の変更(java.lang.Object→java.util.EventObjectのサブクラス,javax.swing.event.ListSelectionEvent)
      • ListSelectionListener:
        ListSelectionEventを受け取ったとき(インタフェース)

    6. java.applet パッケージ(アプレット)

        アプレット生成用のクラス

      • Applet:
        アプレット生成用のスーパークラス(java.lang.Object→java.awt.Cpmponent→java.awt.Container→java.awt.Panelのサブクラス,java.applet.Applet)

    7. java.io パッケージ(入出力)

        入出力クラス

      • Console:
        コンソールデバイスにアクセスするためのクラス(java.lang.Objectのサブクラス,java.io.Console)
      • File:
        ファイルおよびディレクトリのパス名の抽象表現(java.lang.Objectのサブクラス,java.io.File)
      • InputStream:
        バイトストリームから入力を行うすべてのクラスのスーパークラス(java.lang.Objectのサブクラス,抽象クラス,java.io.InputStream)
        • FileInputStream:
          ファイルからデータを読み込む(java.io.InputStreamのサブクラス,java.io.FileInputStream)
        • ObjectInputStream:
          ストリームからオブジェクトデータを読み込む(java.io.InputStreamのサブクラス,java.io.ObjectInputStream)
        • FilterInputStream:
          フィルター付き入力のスーパークラス(java.io.InputStreamのサブクラス,java.io.FilterInputStream)
          • BufferedInputStream:
            ストリームからバッファ付きで読み込む(java.io.FilterInputStreamのサブクラス,java.io.BufferedInputStream)
      • Reader:
        ストリームから文字列を読み込む(java.lang.Objectのサブクラス,抽象クラス,java.io.Reader)
        • BufferedReader:
          ストリームから文字列をバッファ付きで読み込む(java.io.Readerのサブクラス,java.io.BufferedReader)
        • InputStreamReader:
          バイトストリームから文字ストリームへの橋渡し(java.io.Readerのサブクラス,java.io.InputStreamReader)
          • FileReader:
            文字列ファイルからの入力(java.io.InputStreamReaderのサブクラス,java.io.FileReader)
      • OutputStream:
        バイトストリームを出力するクラスのスーパークラス(java.lang.Objectのサブクラス,抽象クラス,java.io.OutputStream)
        • FileOutputStream:
          ファイルへデータを出力する(java.io.OutputStreamのサブクラス,java.io.FileOutputStream)
        • ObjectOutputStream:
          ストリームへオブジェクトデータを出力する(java.io.OutputStreamのサブクラス,java.io.ObjectOutputStream)
        • FilterOutputStream:
          フィルター付き出力のスーパークラス(java.io.OutputStreamのサブクラス,java.io.FilterOutputStream)
          • BufferedOutputStream:
            ストリームへバッファ付きで出力する(java.io.FilterOutputStreamのサブクラス,java.io.BufferedOutputStream)
          • PrintStream:
            出力ストリームに様々なデータを適切に表現し出力する機能を加え,バイト列として出力する(java.io.FilterOutputStreamのサブクラス,java.io.PrintStream)
      • Writer:
        文字列ストリームを出力する(java.lang.Objectのサブクラス,抽象クラス,java.io.Writer)
        • BufferedWriter:
          ストリームへ文字列をバッファ付きで出力する(java.io.Writerのサブクラス,java.io.BufferedWriter)
        • PrintWriter:
          編集されたデータをテキストストリームとして出力する(java.io.Writerのサブクラス,java.io.PrintWriter)
        • OutputStreamWriter:
          文字ストリームからバイトストリームへの橋渡し(java.io.Writerのサブクラス,java.io.OutputStreamWriter)
          • FileWriter:
            文字列をファイルへ出力(java.io.OutputStreamWriterのサブクラス,java.io.FileWriter)

    8. java.net パッケージ(ネットワーク)

        ネットワーク接続用クラス

      • ServerSocket:
        サーバ側ソケット制御(java.lang.Objectのサブクラス,java.net.ServerSocket)
      • Socket:
        ソケット制御(java.lang.Objectのサブクラス,java.net.Socket)
      • URL:
        URLへの接続(java.lang.Objectのサブクラス,java.net.URL)
      • URLConnection:
        URLとの相互通信(java.lang.Objectのサブクラス,抽象クラス,java.net.URLConnection)

    9. java.sql パッケージ(JDBC:データベース)

        データベース接続用クラス( 参照:データベース

      • DriverManager:
        JDBCドライバの管理(java.lang.Objectのサブクラス,java.sql.DriverManager)
      • Connection:
        特定のデータベースとの接続(インタフェース)
      • PreparedStatement:
        事前定義されたSQL文を実行し,その結果を得る(インタフェース.Statementインターフェースの子供)
      • ResultSet:
        SQL文の実行結果から得られる結果の集まり(インタフェース)
      • ResultSetMetaData:
        ResultSet オブジェクトの列の型とプロパティに関する情報を取得するのに使用(インタフェース)
      • Statement:
        SQL文を実行し,その結果を得る(インタフェース)

    10. java.util パッケージ(その他)

        乱数,ベクトル等,その他有用なユーティリティを扱うクラス

      • ArrayDeque:
        双方向キュー(java.lang.Object→java.util.AbstractCollectionのサブクラス,java.util.ArrayDeque)
      • ArrayList:
        要素数可変の配列(java.lang.Object→java.util.AbstractCollection→java.util.AbstractListのサブクラス,java.util.ArrayList)
      • Arrays:
        ソート,検索(java.lang.Objectのサブクラス,java.util.Arrays)
      • BitSet:
        必要に応じて大きくなるビットベクトル(java.lang.Objectのサブクラス,java.util.BitSet)
      • Calendar:
        日付と時刻(java.lang.Objectのサブクラス,抽象クラス,java.util.Calendar)
      • Date:
        日付と時刻(java.lang.Objectのサブクラス,java.util.Date)
      • Timer:
        一定時間毎の処理の制御(java.lang.Objectのサブクラス,java.util.Timer)
      • HashMap:
        ハッシュテーブル(java.lang.Object→java.util.AbstractMapのサブクラス,java.util.HashMap)
      • HashSet:
        ハッシュテーブル(java.lang.Object→java.util.AbstractCollection→java.util.AbstractSetのサブクラス,java.util.HashSet)
      • PriorityQueue:
        優先度付きキュー(java.lang.Object→java.util.AbstractCollection→java.util.AbstractQueueのサブクラス,java.util.PriorityQueue)
      • Random:
        乱数(java.lang.Objectのサブクラス,java.util.Random)
      • Stack:
        スタック(java.lang.Object→java.util.AbstractCollection→java.util.AbstractList→java.util.Vectorのサブクラス,java.util.Stack)
      • StringTokenizer:
        文字列をトークンで区切る(java.lang.Objectのサブクラス,java.util.StringTokenizer)
      • TreeMap:
        木構造(java.lang.Object→java.util.AbstractMapのサブクラス,java.util.TreeMap)
      • TreeSet:
        木構造(java.lang.Object→java.util.AbstractCollection→java.util.AbstractSetのサブクラス,java.util.TreeSet)
      • Vector:
        要素数可変の配列(java.lang.Object→java.util.AbstractCollection→java.util.AbstractListのサブクラス,java.util.Vector)
      • Formatter:
        printf 形式の出力用インタープリータ(フォーマット)(java.lang.Objectのサブクラス,java.util.Formatter)

  4. C++ 標準ライブラリと STL ( Standard Template Library )

    1. コンテナ

    2. アルゴリズム

      1. 系列が変化しないアルゴリズム

      2. 系列が変化するアルゴリズム

      3. ソート関係のアルゴリズム

      4. 数値関係のアルゴリズム

静岡理工科大学 菅沼ホーム 本文目次 演習解答例 索引