ftp

[機能]

  遠隔ネットワーク・システムとの間でファイルを転送します

[形式]
	ftp [オプション] [hostname]
		
  下記のコマンドは,コマンドインタプリタ状態で実行できます

! [command] : ローカル・マシンでシェル・コマンドとして command を実行します

ascii : 転送データ表現形式をネットワーク ASCII に設定します.これはデフォルトの型です.

binary : 転送データ表現形式をイメージに設定します.

bye : 遠隔サーバとの FTP セッションを完了して ftp を終了します.

cd remote-directory : 遠隔マシンの作業ディレクトリを remote-directory に変更します.

delete remote-file : 遠隔マシンのファイル remote-file を削除します.

dir [remote-directory] [local-file] : ディレクトリ remote-directory のディレクトリ内容のリストを出力します.local-file を指定すると,local-file に出力されます.

get remote-file [local-file] : remote-file をローカル・マシンに転送します.ローカル・ファイル名が指定されないと,case,ntrans,および,nmap 設定による変更を条件として遠隔マシン上で持っているのと同じ名称が与えられます.

help [command] : commmand の意味に関する機能説明メッセージを表示します.引き数が与えられないと,ftp が既知のコマンドのリストを出力します.

lcd [directory] : ローカル・マシンの作業ディレクトリを変更します.directory が指定されないと,ユーザのホーム・ディレクトリが使用されます.

ls [remote-directory] [local-file] : 遠隔マシンのディレクトリの内容の短縮リストを出力します.remote-directory が指定されないままであれば,現在の作業ディレクトリが使用されます.ローカル・ファイルが指定されないか,または,local-file が - の場合,出力は端末に送られます.

put local-file [remote-file] : 遠隔マシンにローカル・ファイルを転送します.remote-file が指定されないままだと,遠隔ファイルを命名する際に ntrans,または,nmap 設定による処理が行われ,ローカル・ファイル名が使用されます.ファイル転送は転送データ表現形式,ファイル構造および転送モードの現在の設定を使用します.

pwd : 遠隔マシンの現在の作業ディレクトリの名称を出力します.

quit : bye と同じ意味です.

[参照]

rcp, rlogin, telnet, rsh

菅沼ホーム 本文目次 演習問題解答例 付録目次 索引