共役勾配法のプログラム例

  提示したプログラムは,以下に示す3つの関数の最小値を求めるためのものです.C/C++ のプログラム例に示した makefile の部分は,make コマンドを使用してコンパイルする場合に必要となる makefile の例です.make を使用しない場合は必要ありません.なお,各関数の解近傍における外形については,このページの最後に添付した図をご覧下さい. → 

    1. f = (x - 1)2 + (y - 2)2  最小値:(1,2) で 0.0
    2. f = 100(y - x2)2 + (1 - x)2  最小値:(1,1) で 0.0
    3. f = (1.5 - x(1 - y))2 + (2.25 - x(1 - y2))2 + (2.625 - x(1 - y3))2  最小値:(3,0.5) で 0.0

コンパイルした後,入力データ記述ファイル「i_data」を適当に修正し,コマンドラインから,

test < i_data

と入力してやることによって実行できます.

  入力データ記述ファイル「i_data」は,例えば,以下のように記述します.
関数 1 変数の数 2 最大試行回数 100 一次元最適化 0
許容誤差 1.0e-10 刻み幅 0.5
初期値 0.0 0.0
		
上に示した各データにおいて,日本語の部分は次に続くデータの説明になっていますので,数字の部分だけを修正してください.日本語の部分を変更しても構いませんが,削除したり,間に半角のスペースを入れるようなことはしないでください.各データの意味は以下に示す通りです.

SEの基礎知識目次 菅沼ホーム