データサイエンス専攻の選抜について(2020年4月開設)

datascience_33.jpg

※併願可

1.募集学部学科
[情報学部] コンピュータシステム学科 データサイエンス専攻

定員:15名

2.出願資格
・2022年1月の「大学入学共通テスト」の受験者で、指定する3教科を受験していること
・次のいずれかの条件を充たす者
①高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を卒業した者及び2022年3月に卒業見込みの者
②通常の課程による12年の課程を修了した者及び2022年3月に卒業見込みの者
③高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定含む)に合格した者及び2022年3月末までに合格見込みの者
④外国において学校教育における12年の課程を修了した者またはそれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者(2022年3月末までにこれに該当する見込み者を含む)
⑤文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び2022年3月末までに修了見込みの者
⑥文部科学大臣の指定した者
⑦相当の年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学が認めた者

3.出願期間

選抜種別 出願期間
前期共通テスト利用(S)【3教科】 2022年1月6日(木)~1月14日(金)
前期共通テスト利用(A)【3教科】 2022年1月6日(木)~1月30日(日)
中期共通テスト利用(A)【3教科】 2022年2月1日(火)~2月20日(日)
後期共通テスト利用(A)【3教科】 2022年2月21日(月)~3月9日(水)

4.教科・科目
下記の5教科から3教科を出願時に選択。(数学、外国語は必須)

選択教科 科目 配点
必須 数学 数学Ⅰ、数学Ⅱ、 〔数学Ⅰ・数学A〕、〔数Ⅱ・数B〕、
〔簿記・会計〕、情報関係基礎から1つ
各100点
外国語 英語(リーディング50 点+リスニング50 点)
*他の言語科目は不可
選択 理科 物理基礎、化学基礎、生物基礎から2つ、
または物理、化学、生物から1 つ
国語 近代以降の文章
地理歴史
・公民
世界史A、世界史B、日本史A、日本史B、地理A、地理B、
現代社会、倫理、〔政治・経済〕・ 〔倫理、政治・経済〕から1 つ

※大学入学共通テストの 数学、理科、地理歴史・公民において2科目以上を受験した場合は、それぞれ高得点の科目を判定対象とする。
6.選考方法
大学共通テストの指定教科の結果に基づき、評価・判定する。

7.採用条件
以下の条件①②を充たす志願者のうち、成績上位の者から採用する。採用から漏れた場合は、「情報学部」としての合否判定を行う。
①共通テスト利用(S)または(A)入試で、必須2教科【数学・英語】と選択1教科【理科、国語、地理歴史・公民】の計3教科で出願すること。
②3教科の合計得点率が65%(195点)以上であること。

8.結果通知
〇前期共通テスト利用(S)・前期共通テスト利用(A)-2022年2月17日(木)
〇中期共通テスト利用(A)-2022年3月4日(金)
〇後期共通テスト利用(A)-2022年3月18日(金)

9. その他
情報学部は、情報学部一括で学生を募集し2年進級時に学科配属を行いますが、データサイエンス専攻は1年次からコンピュータシステム学科データサイエンス専攻に配属となります。

データサイエンス専攻 合格者の特典

kyuhi3.png

データサイエンス専攻の合格者は、授業料50万給費奨学生としての採用となります。
また、前期共通テスト利用(S),前期共通テスト利用(A)合格者のうち、情報学部全体の入試結果おいて、入試成績が最上位の場合には授業料100万円給費奨学生としての採用の可能性もあります。

※学年末に更新審査有 : 継続条件-在籍学科の成績上位25%以内
※給費型奨学生制度の詳細は、入学者選抜要項または本学ホームページにてご確認ください。

入学検定料割引制度(複数受験割引)

本学では、受験に掛かる費用の負担軽減を鑑み、入学検定料の割引制度を導入。
本学における初めての入学選考出願後、以降の選考への出願や同時期での別日程や複数学科への出願をした場合などに入学検定料を割引する制度を導入しています。
詳しくはコチラから

データサイエンス専攻の詳細 (受験生サイトへ)

datascience_32.png