情報学部|機械学習応用の国際会議にて査読付論文2本採択!(コンピュータシステム学科/自然言語処理研究室)

2019年12月16日~19日にアメリカ・フロリダ州ボカ・ラトンで開かれた、機械学習応用の査読付き国際会議であるThe 18th IEEE International Conference on Machine Learning and Applications (ICMLA)に、江原遥講師の論文2本が採択された。採択された論文は、それぞれ”Uncertainty-aware Personalized Readability Assessments for Second Language Learners”と”A Graph-based Analysis of Similarities between Word Frequency Distributions of Various Corpora for Complex Word Identification”になる。また、採択された論文はFull Paper枠で採択された。論文の採択率は28.5%であった。論文はIEEEより出版された。

詳細は下記をご覧ください。
18th IEEE International Conference on Machine Learning and Applications – ICMLA 2019

情報学部 コンピュータシステム学科 自然言語処理研究室 江原 遥 講師