【図書館スタッフより】現在の図書館

6月1日より図書館の開館を再開しています。
大学院生、卒研生、学部生、と段階的に研究や対面授業での許可のある学生の入構が可能となり、
図書館にも学生の姿が見られるようになってきました。

現在も遠隔授業と対面授業が並行しておこなわれていること、感染対策の観点から、
下記のサービスを臨時で提供しています。
・学部生の図書の貸出期間を4週間に延長(通常2週間)
・返却ボックスの設置
・メールでの図書の取り置きサービス(1回につき3冊まで)
・オンライン「文献検索のキホン講座」の開講
・卒研生・大学院生の文献複写・図書現物貸借・図書の購入リクエストの申請を、Web「マイライブラリ」で受付
詳細:【お知らせ】図書館の開館について(6/1~)

在宅での学習・研究を支援するため、休館期間中に提供を開始したサービスについても、
引き続きご利用いただけます。
・新入生向けオンライン図書館ガイダンス
・電子ブック試読サービス(7月末まで)
・データベース、電子ジャーナルの学外利用臨時IDの発行
・オンラインレファレンス(参考調査)
詳細:【お知らせ】学生向け:遠隔授業期間中の図書館の学修支援について

 図書館ガイダンスは1年生全員にオンラインで実施

開館にあたり、利用者同士が対面にならないよう閲覧席の調整、グループ用閲覧席とAVコーナー
の開放中止など密接・密集を防ぐため施設の利用制限、
カウンターへのビニールシートやフロアマーカーの設置、資料・設備の消毒、換気などの
感染拡大防止対策を講じています。
 

※詳しくは図書館入口の掲示をご覧ください。本学の対応方針および日本図書館協会「図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づいて対応しています。

図書館を利用される際には、マスクの着用、入館時の手指消毒と学生証での入館受付(学生対象)
をお願いしています。
グループ学習など、ふだんどおりの利用が出来ない部分も多く、心苦しく思いますが、
学生・教職員が安心・安全に図書館を利用できるよう、感染拡大防止対策にご協力を
お願いします。
なお、ひきつづき学外者の方のご利用は休止させていただいております。

..

このような状況の中で、学生選書委員・LAは、今年度第1回の委員会をオンラインで開催しました。
委員会では、メンバーの顔合わせのあと、いまの状況でできる今年度の活動について協議し、
オンラインで開催可能なイベントを実施していくことになりました。

第1弾として、先日、初の試みとなる「オンライン読書会」を開催!
テーマを「ステイホーム中に読んだ本」とし、参加者がおうち時間で楽しんだ本を
順番に紹介していきました。
紹介された本は、ミステリー、ファンタジー、軍事もの、エッセイ、自伝など、
参加者の個性があらわれていました。

 <紹介された本の一部(図書館所蔵のもの)>

参加者の顔や反応が同時に見られるという、Web会議ならではの新鮮さもあり、
先輩メンバーと新入生の交流をはかることもできました。

COVID-19は、大学図書館にとっても、図書館のあり方やサービスについて考えるきっかけとなっています。
今後も図書館は感染対策をとりながら、さまざまなかたちで学習・研究支援、読書振興に
取り組んでいきたいと思います。

在学生の皆さん、大学に来られる際にはぜひ図書館を活用してくださいね。

 

~最新の情報はTwitterで発信しています~ ▸静岡理工科大学附属図書館Twitter