7月7日 静岡理工科大学クールアースデー(CO2削減/ライトダウンキャンペーン)を実施しました。

7月7日 静岡理工科大学クールアースデー(CO2削減/ライトダウンキャンペーン)を実施しました。

7月7日の「クールアース・デー」は、みんなが地球を想う日です。
これは、天の川を見ながら、家庭や職場において、地球環境の大切さを国民全体で再確認し、年に一度、低炭素社会への歩みを実感するとともに、それぞれができる地球温暖化対策の取組を推進するための日として設けられたものです。

本学においても、地球温暖化対策として「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を
7月7日(火)の18:00~翌朝までを特別実施日とし、大学施設のライトダウンや各家庭の照明を積極的に消し、地球環境の大切さを改めて認識できました。

【当日の大学での取り組み】
1.研究実験棟屋上「静岡理工科大学」看板消灯
2.やらまいか創造工学センター屋上「やらまいか創造工学センター」看板消灯
3.駐輪場南側「静岡理工科大学」看板消灯
4.学生ホール臨時閉鎖による消灯 等