袋井市中央子育て支援センター「カンガルーのぽっけ」で実験教室を開催

物質生命科学科 山﨑誠志教授が講師として、2月27日(土)に袋井市中央子育て支援センター「カンガルーのぽっけ」にて実験教室を開催しました。実験補助として、山﨑研究室と科学実験工房の学生がお手伝いをしました。袋井市内の小学1年生から5年生までの12名が参加し、「オリジナルのエコカイロを作ろう」というテーマで、繰返し再生ができるカイロをつくりました。子供たちは、思い思いの絵を描いた袋に、カイロのもとになる試薬を量り、実験を楽しんでいました。最後に、みんなの作品を見せてもらうため、記念写真を撮りました。